ジャンプSQ

ジャンプSQ

終わりのセラフ100話ネタバレ感想!迫る危機に!!

『終わりのセラフ』は、鏡貴也先生の作品。 『ジャンプスクエア』の2012年10月号より連載中。 講談社のラノベ文庫は『終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅』、 続編は『終わりのセラフ 一瀬グレン、19歳の世界再誕』そ...
この音とまれ!

この音とまれ!連載100回記念ネタバレ感想!強い絆で結ばれている二人

『この音とまれ!』は、アミューの作品で、『ジャンプスクエア』(集英社)で、2012年から連載中。 時瀬高校の箏曲部の部員は倉田武蔵と久遠愛と鳳月さとわを含めた7人。 顧問は滝浪涼香で、2学期には堂島晶の教えで技術が底上げ。 ...
ジャンプSQ

終わりのセラフ99話ネタバレ感想!グレンの極秘計画!

『終わりのセラフ』とは、鏡貴也先生の作品で、『ジャンプスクエア』の2012年10月号より連載中。 単行本はジャンプコミックスから刊行されています。 講談社のラノベ文庫『終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅』、 続編『...
この音とまれ!

この音とまれ!99話ネタバレ感想!逃げられない過去!

『この音とまれ!』、アミューのデビュー作で、『ジャンプスクエア』(集英社)で、2012年から連載の和楽器の箏がテーマの作品。 神奈川県の県立高校・時瀬高校の箏曲部の部員は倉田武蔵、久遠愛、鳳月さとわ、足立実康、水原光太、堺通孝、来栖...
ジャンプSQ

終わりのセラフ98話ネタバレ感想!内と外での戦い!

『終わりのセラフ』とは、原作者・鏡貴也先生の作品で、『ジャンプスクエア』の2012年10月号より連載中。 単行本はジャンプコミックスから刊行されています。 講談社のラノベ文庫では、『終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅』も...
この音とまれ!

この音とまれ!98話ネタバレ感想!忍び寄る過去の黒い影

『この音とまれ!』は、作者・アミューの連載デビュー作で、『ジャンプスクエア』(集英社)において、2012年から連載している和楽器の「箏」をテーマとした作品です。 神奈川県の県立高校・時瀬高校の「箏曲部」は、倉田武蔵だけなので廃部間近...
ジャンプSQ

終わりのセラフ97話ネタバレ感想!語られる姉妹の昔の話

『終わりのセラフ』とは、原作者・鏡貴也先生の作品で、『ジャンプスクエア』の2012年10月号より連載中。 単行本はジャンプコミックスから刊行されています。講談社のラノベ文庫では、『終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅』も刊行中。...
この音とまれ!

この音とまれ!97話ネタバレ感想!百谷の変化!

『この音とまれ!』は、作者・アミューの連載デビュー作で、『ジャンプスクエア』(集英社)において、2012年から連載している和楽器の「箏」をテーマとした作品です。アニメの中で演奏される曲には古典曲から、この作品のオリジナルの曲までたくさんの...
ジャンプSQ

終わりのセラフ96話ネタバレ感想!吸血鬼の女王クルル

『終わりのセラフ』は、原作:鏡貴也、漫画:山本ヤマト、コンテ構成:降矢大輔漫画で、『ジャンプスクエア』2012年10月号より連載されていて、単行本はジャンプコミックスから刊行されている作品。また、講談社ラノベ文庫の方から、漫画の原作者であ...
ジャンプSQ

ワールドトリガーネタバレ第203話遠征選抜試験に向けて!

約4年前三門市に近界人という大型な近界に侵略され、三門市は大きな損害を起こした。 その後、秘密機関ボーダーが設立されてからは人々は時折なる莫大な音にさえ慣れてしまったのである。 月刊ジャンプSQに移動連載再開。SFファンタジー...
タイトルとURLをコピーしました