薬屋のひとりごと 3巻 ネタバレ 小猫実家に帰る

サンデーGX

なろう発の中国後宮ミステリー、薬屋のひとりごと。

誘拐され後宮に売られた主人公の小猫が、その薬の知識から謎を解くストーリーです。

2巻では毒味役として暗殺されそうになった妃を救うことに成功。

そして3巻ではついに小猫は里帰りを果たしたものの、そこでも事件に巻き込まれるようで…?

この記事では薬屋のひとりごと3巻のネタバレを紹介します!

もしネタバレの前に絵付きで楽しみたい方!

U-NEXTなら600円分のポイントがもらえますので、ほぼ無料で読めますよ!

600円分のポイントがもらえる/

薬屋のひとりごと3巻ネタバレ

【猫猫の推理】

昨日毒を飲んだからと安静にさせられていた小猫。

そんな彼女の元に高順が昨日のスープを持ってきて、推理を頼みました。

小猫は粉と綿で指紋を調べ、4人の人間がその食器を触っていたと話します。

それはスープを入れた者・配膳した者・毒薬役・犯人だと話す小猫。

里樹妃の侍女たちは彼女を苛めており、食べれないものを出して困らせるために毒味役がスープを入れ換えたのです。

しかし犯人と毒味役は別だろうとの見解を小猫はしました。

その報告を聞いた壬氏は内部犯だと頭を悩ませます。

【簪の意味】

さて、毒殺事件が有名になっていることを知った小猫ですが仲の良い下女から簪を貰ったかと聞かれました。

なんとそれがあればくれた人に頼み、後宮の外に出られると言うのです。

義理の簪をくれた李白を呼び出した小猫。

里帰りの保証人になってくれと言われ最初は不機嫌だった李白ですが小猫が最上位の技女を紹介できると知り話に乗りました。

【里帰り】

3日間の里帰りに出た小猫。

しかし簪の意味は本来は恋愛関係にある男女が後宮から自分を連れ出してと頼むもの。

その為、小猫が簪を受け取った相手と後宮を出た知った壬氏はショックを受けます。

そんな中帰ってきた花街。

久しぶりの帰宅に娼館のやり手ババアに怒られたり、李白への報酬分借金にされたりとまだゴタゴタはしているものの、小猫はついに実家に帰りました。

あばら屋で暮らしている薬師のおやじが暮らす家が小猫の実家です。

やっと帰ってこれたと喜ぶ小猫、後宮での暮らしを話します。

話疲れて寝てしまった次の日の朝、薬屋を呼びに来た禿があらわれました。

【麦藁】

里帰りしていた花街で心中事件が発生しました。

小猫の処置により2人とも助かったものの、その妓女の禿が相手の男を殺そうとする所を小猫は目撃。

実はその男はかなり評判が悪く、禿の実の姉も自殺に追い込まれたと言うのです。

ですが、禿は妓女を慕っていたのにすぐに助けを呼びにいかないなどと不自然な行動が目立ちます。

さまざまな違和感があるこの事件、小猫は真相としてあるトリック思い付きます。

それは妓女が2種の比重が違う酒をグラデーションのように入れ、麦藁をストローのようにつかい下の毒の入っていないものだけを飲んだのではないかというものです。

その後自分も毒を少し含み、心中を装ったのではないかと考えた小猫。

しかし小猫は追求はさけ、真相は藪の中のままです。

【誤解】

李白が大喜びした3日間の里帰りから小猫が戻ってきました。

しかし、帰ってきた小猫を待っていたのは壬氏による追求でした。

書いた通り、本来は簪を受けとるということは、男性側の好意に答えるということ。

小猫は壬氏が宦官だと思っていたので、妓女の紹介は出来ないと思い話をしなかっただけです。

が、壬氏からすれば小猫が他の男とそういう仲になったのだと思い焦っていたです。

実際はただ里帰りしていただけだと教えられるまで、ヤキモキしていた壬氏なのでした。

【酒】

酒を飲んでいていきなり高官が死んだ事件について、小猫に質問してきた壬氏。

最初は事件性がないと思っていた小猫でしたが、普段より飲んでいないのにいきなり死んだことと、その酒をのんで味がおかしかったことから疑いを持ちました。

甘い酒にたくさんの塩が入ったような妙な味の酒。

事件の真相は実は味覚障害で甘味は感じるが、辛味は感じない高官の酒に嫌がらせで塩を大量に入れた者が居たことだったのです。

薬屋のひとりごと 3巻 感想

【園遊会での事件の目的】

暗殺されそうになっていたのは玉葉妃ではなく、里樹妃だったようです。

彼女はいじめも受けており、かなり孤立無援で可哀想な状況ですね…。

【ついに里帰りした小猫】

誘拐されたきりだった小猫が里帰りできて幸いでした。

本人もやっぱりおやじに会いたかったようです。

が、その為に借金をこさえてしまったようで…なかなか世知辛い話。

そしてやり手ババアのキャラが面白いですね。

【小猫を心配する壬氏】

簪の事情を知らなかった為、ヤキモキすることになってしまった壬氏が可愛かったです。

はたから見れば明らかに小猫を好きなのがニヤニヤしてしまいます。

薬屋のひとりごと 3巻 まとめ

壬氏もよかったですが、李白も可愛い男でした。

 

さて、壬氏の思いがあきらかになりなりつつある巻でした。

さらに小猫の花街にいた頃の生活もわかり、話が広がりましたね!

いじめや嫌がらせとかなり殺伐とした後宮や城の中ですが、小猫の周りは食わせ者は多いものの優しい人も多いのが救いです。

しかしこのまま順風満帆は難しそうですよね…。

薬屋のひとりごとをほぼ無料で読む方法!

今回は、薬屋のひとりごと3巻のネタバレを紹介しました!

が…

やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、600円分のポイントがもらえます!

薬屋のひとりごとが618円~なのでほぼ無料で読めますよ!(#^^#)

薬屋のひとりごとの独特な世界観や細かい服装やアクセサリー、また今回紹介しきれなかった臨場感は漫画でしか味わえません。是非、手にとってご覧ください。

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がずっと40%ポイント還元
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました