弱虫ペダル 588話 ネタバレ ・感想☆壱藤の実力が明らかに!!

弱虫ペダル

ロードレースのインターハイ2連覇を果たした小野田坂道おのだ さかみち)は、ひょんなことからMTBインターハイ2連覇の男、雉弓射(きじ きゅうい)と出会います。

筑波山で開催されたMTBレースで、小野田は、とそのライバルである吉丸雷音よしまる らいね)との激闘を目の当たりにしました。

結果は僅差で雉が優勝。

そこで帰路につくはずだった小野田でしたが、なんと、がこっそり《初心者コース》に小野田坂道の名前をエントリーしていたのです。

そんなわけで急遽、からマウンテンバイクを借りて、人生初となるMTBレースに参加した小野田

このレースの目的は、未だ無敗を誇雉のスペアバイクを、“ 一位でゴールに届ける“ こと。

小野田は、はじめて挑んだMTBレースのなかで、ロードレースとの大きな違いを肌で感じていきます。

やがて、徐々にMTBのコントロールに慣れていき、ついに2番手まで躍り出ました!

泥の登りで先頭を追い抜くべく、小野田は真骨頂である「ハイケイデンスクライム」を試みます。

しかし、泥でタイヤが勢いよく空転し、小野田はこのレース二度目の転倒をしてしまいました。

再びバイクに跨るも、すでにゴールは目前…小野田に焦りがこみ上げてきます。

一方、一番手の選手は、スリップを最小限に押さえながら、軽やかに泥の登りを駆け上がっていきます。

そして、レースを見守るの口から、一番手の選手の名前が明かされます。

一番手の名は、壱藤(いちふじ)。

皇帝とも呼ばれるが名前を覚えている、この男は一体、何者?!

この記事では弱虫ペダル588話のネタバレを紹介します!

ネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTなら無料で読めますよ!(#^^#)

週刊少年チャンピオンで最新話がご覧いただけます☆

600円分のポイントがもらえる/

弱虫ペダル588話「コーステープキッス!!」 ネタバレ

皇帝・雉が認める、壱藤の実力とは…

《初心者レース》を見守るは、先頭を走っているのは壱藤という人物だと気づきます。

そこでは 、壱藤が「レース初出場」であることに、意外だという反応を示しました。

なぜなら壱藤という人物は…

・フィールド(練習の場)で、よくにも話しかけてくる。

・熱心で走りも上手い。

・故に、以前からレースは何本も走っていると思っていた。

…つまり、雉の目からみても、壱藤はレース経験者に値する実力者だったとうことです。

レース初出場にたいする、壱藤の「意図」とは…

はさらに、このレースに出ている壱藤の意図を、先読みします。

ズバリ、自分の「最初のレース」を確実に「勝ち」にするためだろうと!

そしては口角をあげ、彼のレースに対する姿勢に、肯定的なことばを添えたのです。

そういう「勝ち」への執着は大事だ。レースで上にあがるためには!!」

第588話から引用

 MTBレースには、二つの闘いがある…

は一方で、MTBレース初心者の小野田にとっては、壱藤という強敵を相手取るのは大変かもしれない、と呟きました。 

さらに、こう続けます。

MTBレースには、常に二つの闘いがあると。

路面(コース)との闘い。

そして、個と個の闘い

この二つの闘いは、これまで小野田が経験したことのない未知の領域に他なりません!

 滑る!焦る!どうする小野田!?

ジグザグに伸びる泥の登りで、壱藤との距離を埋めることができず、どんどん焦っていく小野田

これまで、『ロードレース』においては幾度もピンチの壁を壊してきた最強の武器《ハイケイデンス(高回転)》。

しかし、この泥の登りでは、頼みの綱でもあった《ハイケイデンス》は実行できず。

前回587話で、それを試みた小野田は、おもいっきり転倒してしまったのですから。

もどかしさに駆られる小野田

先ほど転倒した記憶がフラッシュバックする。

「何か…ないのか…この状況をどうにかできる方法は!!」

第588話から引用

コーステープキッス!!

「フォウ!!」「フォウ」「フォウ!!」

そのユニークな雄叫び(?)で、泥の登りをスイスイ駆け上がっていく壱藤

そして小野田は、壱藤の独自性のあるバイクテクニックを目の当たりにするのです。

滑りやすい泥の登りで、“ 車体をあえて滑らせて“ …

コーステープの張られた「棒」に、わざとタイヤを当ててコーナーを曲がる、

小野田の常識をぶちこわすテクニック。

信じられないものを見てしまったように、目を見開く小野田…

 圧倒的な力

追い上げてきた小野田を、圧倒的な力で引き離す壱藤。

57番(小野田)ーーーこいつバランス悪い。そんな下手なダンシングでオレに追いつけるかよ!!」

第588話から引用

やっぱり、こいつは敵じゃなかった!!“ と、勝利を確信しはじめる壱藤。

その後方では、フラフラと泥に苦戦しつづける小野田

壱藤の顔に、おそらくこのレースで最高の笑みが浮かびます。

“ ファーストレースで余裕で圧勝 “ という目的達成を目前にした壱藤は、小野田に勝利宣言をしました。

「悪いな、もうゆっくり話をしてる時間はない!!先にいくぜ!! さっきのオレの尊敬する偉大な「皇帝」様の話のつづきは、またあとでーーーーーゴール後にしてやるよ!!」

第588話から引用

壱藤が言いかけた皇帝(雉)の話=前回587話のなかで中断した話

敗北の2文字を予感せざるをえない小野田坂道。

そんな小野田に、「最後にもう一回見せてやるよ」と、必殺コーナリングの手法をみせつけた壱藤は、小野田とのあいだに、絶望的ともいえる距離の差をつけてゴールへ向かいました。

 MTBとは…

壱藤は、MTBレースについて、以下のように語りました。(ひとりごと)

・MTBは、力と力のぶつかりあいであると同時に、“ 心の折り合い“ だ

・自転車にのってて心が折れれば、人はペダルをふみやめる。

・「もうムリだ」「勝てない」「もうこれ以上がんばってもムダだ」…そう思わせられれば、勝ちは自然と近づく、と。

そして、それを裏付けたのが、先ほど小野田に “ わざと見せつけた “ 2度目の『コーステープキッス」。

さらにそれにつづく、加速。

あれは、小野田の心を完全に折るためのパフォーマンスでもあったのです。

雉さんのように!!

数年前、がレース初出場にもかかわらず、「圧勝」という形で、MTBの歴史に残した【伝説のレース】があったことを、以前の話で描かれていました。

壱藤は、そんなの華麗な姿に憧れて、自分の初レースを「圧勝」で飾りたい!と強く思ったのです。

小野田を後方に残して加速する壱藤は、コーステープのすぐ横で、レースを見守るの姿を視認。

壱藤)“「マジーーですか!!雉さん!!」

                        (雉)“「壱藤くん」

も、壱藤が先頭で駆け上がってきたのを認め、互いに名前を呼び合います。

壱藤は興奮を隠そうともせず、に対し、こう口にしました…

絶対勝ちます!!何かアドバイスください!!」

第588話から引用

雉のアドバイス→(壱藤)

「バランスいいね いいペースで走れてる そのペースしっかりゴールまで守れればキミが勝てる」

第588話から引用

はハッキリと、壱藤に「勝てる」と伝えました。

アドバイスというより、もはや「大丈夫だよ」と安堵させるような口ぶり。

その言葉に、満足げに親指を立て、ふたたび加速する壱藤

と、のもとへようやく小野田が走ってきて…

 雉のアドバイス→(小野田)

小野田は、に助け舟を求めるように、泥に対する対処法、すなわちアドバイス求めます。

前に追いつく方法はあるのかと。

するとは、一瞬の沈黙のあと両手をひろげて、おもわず耳を疑うようなセリフを放ちました。

「何もない」

第588話から引用

そしてもういちど、繰り返すように、静かな目を湛えて。

「 何もないヨン!!」

 表情を歪める小野田ーーーーー

   万事休す?!

次回、589話につづく

※週間少年チャンピオン 次号No.23は5月7日(木)発売!!

弱虫ペダル588話「コーステープキッス」感想・まとめ

これまで、小野田坂道が幾度となくピンチを乗り越えてこられたのは、総北高校自転車競技部の「仲間たち」がいたからです。

しかし、このMTBレースでは「仲間」などいません。

そう、小野田は、(一年生ウェルカムレースを除いて)はじめて孤独な闘いに身を投じたのです。

そこで仮に今回の話で、小野田にアドバイスを求められたが「小野田くん、○○○をすれば、うまく登れるヨン♪」なんて優しい言葉をかけていたら、逆に物語においては台無しになっていた可能性があります。

なぜなら、小野田が孤独のなかで困難を切り開くチャンスを、潰してしまうことになるから。

そのため、小野田に告げた「何もない」という一見厳しく聞こえるセリフは、小野田にとって成長を促進してくれる一言になり得ると、予感しています。

ただ私が気になったのは、の「何もない」というセリフにおいて、決して『アドバイスは何もない』とも、『前に追いつく方法が何もない』とも言っていないということ。

つまり、次回で私が注目しているのは、「“ なにが “ 何もないのか」というポイントですね。

また、小野田が形成逆転するヒントがあるとすれば、壱藤が2度もみせつけた《コーステープキッス》に隠されているのではないか、と思うのです。

とくに、“ バイクを滑らせる“ という点において、小野田が現時点でなし得ていない技術ですが、典型的な逆転型主人公である小野田坂道なら、このレース(闘い)の中で小野田独自のMTBテクニックを編み出すのではないか、と私は期待せずにいられません。

なにせ、小野田坂道は “ 意外性のある男 “ ですから!!

弱虫ペダルを無料で読む方法!

今回は、この記事では弱虫ペダル588話のネタバレを紹介しました!

が…

やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、すぐにお得に読めます!(#^^#)

週刊少年チャンピオンで最新話がご覧いただけます☆

弱虫ペダルの最大の特徴は、「臨場感あふれる表現力」です!

さらには、モブキャラや背景、集中線まで「渡辺航 先生」一人で描いているそうです!

是非、渡辺航ワールドの迫力を、漫画でお楽しみください!!

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がずっと40%ポイント還元
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました