ダイヤのA 214話 ネタバレ・感想! エースと主砲の対決!

ダイヤのA actⅡ

大人気の野球マンガで、しかも高校野球をテーマにしているので、誰でもすぐに感情移入できる程面白いです。

現在は野球だけではなく、あらゆるスポーツが観戦出来なくなっているの現在ですが、その悔しさをこのマンガで感じながら熱戦を楽しみたいです。

前回のあらすじ

西東京大会準決勝 青道VS創聖 6回1-1 裏の青道の攻撃、先頭は打順よく1番から。

倉持、小湊が持ち前の機動力を活かしてノーアウト一、三塁とチャンスを広げてクリームナップへ繋げます。

3番の白洲の、思いっきり振り抜いた打球はセカンド強襲するも、倉持の好判断と持ち前の俊足で、一気にホームインする事に成功し2-1と勝ち越した。

2-1と青道1点リードして更に追加点を狙う場面で、バッターは4番の御幸!

ここで創聖のエース柳楽は、御幸の放つ圧力を感じて動揺してしまい、どんなボールを投げていいのか迷ってしまう。

この記事ではダイヤのAの214話、ネタバレを紹介します!

ネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTならすぐに無料で読めますよ!

600円分のポイントがもらえる/

ダイヤのA 214話 ネタバレ

御幸の重圧

ノーアウト1、2塁のピンチに、青道4番御幸の放つ重圧に押しつぶされそうになり、動揺してしまう創聖エース柳楽。

そんな柳楽達に小泉監督は『肩の力を抜くように』と実力を発揮できるように、選手達に指示を送る。

続いて『御幸とは正面から相手にする必要はない、心もコーナーも広く!』とアドバイスを送ります。

選手達も小泉監督からの指示で少し冷静さを取り戻し、柳楽は広くコーナーを使って投球して、御幸もコーナーギリギリを見極めて、ツラれる事なくフォアボールを選びます。

5番の意地

御幸がフォアボールとなり、ノーアウト満塁の場面で5番の前園。

青道はチャンスの時に御幸の打席で敬遠され、5番の前園で勝負される場面はよくあります。

今回も創聖バッテリーに、自分は御幸よりも楽な相手だと判断された事により勝負され、闘志が湧き出る前園。

今までものんな場面はよくあり、その度にそのプレッシャーを何度も跳ね返して結果を出してきた前園。

その証拠にチームでの最多得点を出していますが、ベンチの落合コーチは『今までは並のピッチャーが相手だったから、結果を出せたのだろうと考えています。

『今回のような凄いピッチャーを相手に結果を出せるかどうか』と冷静に分析しています。

青道の元5番増子の想い

鬼気迫る表情で打席に立つ前園。

客席では小湊兄が青道の元5番打者だった増子に『4番が敬遠された場面で打席に立つのは1番燃えるのか?』と聞くと、増子は嬉しそうに笑みを浮かべました。

そして前園に対して『期待されていなかったら御幸の後ろは任されていない、結果を恐れず自分らしさをを貫け!』と客席からエールを送ります。

増子に対して前進守備をとる創聖守備陣!これ以上の点差は避けたいし、しかもノーアウト満塁なので仕方ありません。

小泉監督も『青道が強い事は初めからわかっていた事、無理して背伸びしないで、自分達の野球をやればいい!

と、相変わらずの選手思いの言葉を、心の中でですがエールを送ります。

怖い5番打者

ノーアウト満塁のチャンスであり、しかも御幸が歩かされた後なので、どうしても打ちたい前園ですが周りの期待とプレッシャーも半端ではありません。

そんなプレッシャーを前園は気迫で押し返し打席に立ちます

柳楽は前園に対して初球はツーシームで攻めますが、前園も初球から振っていき打球はファールとなります。

この場面で初球から振ってきた事に驚く創聖バッテリー、2球目は外へストレートを投げ空振りしてカウントは0-2と追い込みます。

創聖のキャッチャーは前園がツーシーム狙いだと読みますが、そこにあえてツーシームを低めに投げさせます。

一瞬前園も手が出そうになりますが、これを見極めてボール球とします。

ボール球を見極めた前園に、1塁ランナーから見ていたの御幸も『今のを見極めたのなら大丈夫だ』と心の中で安心しています。

カウントは1-2となり、次で決めると意気込む柳楽は同じコースに今度は渾身のストレートを投げます。

打席の前園は以前、小湊との会話で『4番の後ろには怖い5番打者がいなければならない、でなければ御幸が安心して打席に立てない!』

という自分の気持ちを表した会話を思い出します。

そして観客が見守る中、柳楽の渾身のストレートを前園は小さく素早くスイングする事を意識して打ち返します。

前園の打った打球は柳楽の横を通り抜けて、更に飛びついたセカンドも届かず、打球はセンター方向に飛んでいきました。

絶対に打ちたいし、凄くプレッシャーの掛かる場面でタイムリーを打った前園も思わず『ウオー!』と雄叫びをあげます、観客もこの日一番の大歓声です。

ダイヤのA  214話 まとめ

チャンスに4番が歩かされて、5番の自分で勝負されるという、絶対に打ちたい場面は相当なプレッシャーだったと思います。

そんなプレッシャーにも負けず、実力を発揮した前園は凄いですね。

前園は御幸や沢村に比べて、どちらかというとあまり派手さはなく、いぶし銀タイプな感じがするので、こういう選手が活躍すると見ている読者も嬉しいですね。

そして『4番の後ろには怖い5番バッターが居ないといけない』というセリフは、とても高校生が言える発言とは思えない程の名言ですね

ダイヤのA 今後の展開と予想

6回裏2-1と青道が1点リードしていて、ノーアウト満塁で前園がセンター前にヒットを打ちましたので、最低でも2点の追加点が入りますので4-1とリードを広げます。

1塁ランナーの御幸は3塁まで進塁しているので、ノーアウト1,3塁と青道はまだチャンスが続きます。

ここからは下位打線となりますが、恐怖の1年生ルーキー結城が控えているので、この回で一気に決着となるかもしれません。

野球ではずっと拮抗していた試合でも、突然一気に得点が入り決着付く事はよくあります。

ましてや高校野球であれば尚更多いです。

恐らく青道が準決勝へ進むと思いますが、どんなドラマが待ち受けているのか楽しみですね。

ダイヤのAを無料で読む方法!

今回は、ダイヤのAの214話のネタバレを紹介しました!

が…

やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、すぐに無料で読めます!(#^^#)

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がずっと40%ポイント還元
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました