進撃の巨人 30巻 ネタバレ・感想☆ついに切り開かれる座標の道…

別冊少年マガジン

進撃の巨人 前回のあらすじ

ジークは、イェーガー派と合流してエレンのもとに。

その頃、ピークとガビがエレンと手を組む意志を伝えます。

だが、ピークは信用していないエレンに屋上に行き仲間の居場所を教えることを提案して支部塔の屋上に行く3人。

そこに、急に顎の巨人が出現、マーレ軍が空から襲撃しに現れエレン達とマーレ軍の戦いが幕を開ける。

ライナーも巨人化になり顎の巨人に加勢するも互角の戦いを見せるエレン。

戦っているところにエレンと座標の道を開こうとしているジークが登場

ジークが加勢して戦うが、車力の巨人が死んだフリをして勘違いしたジークがマガトの砲撃を受けて地面に叩きつけられ、29巻は終了。

まさかリヴァイがあんな状態になるとは。。( ; ; )

ハンジが抱えて川に飛び込んだイコール何とか生き延びるんでしょうね。

エレン達とマーレ軍の全面戦争もスタート!!

30巻の見どころは、ジークとエレンが、接触をして座標の道を開けるか!!

早速30巻のネタバレ・感想に参ります!

ネタバレの前に絵付きで楽しみたい方、U-NEXTならすぐに無料で読めます!

最新話は別冊マガジンでご覧いただけます!

600円分のポイントがもらえる/

進撃の巨人 30巻 ネタバレ・感想

119話 兄と弟

エレンは何とかジークと接触しようと向かうが顎の巨人と鎧の巨人が必死に止める

致命傷のジークが叫びの力を使い巨人達を出現を試みます。

そこに、コルトが現れ、ファルコがジークの脊髄液を体内に入れてしまったのでファルコが遠くに行くまで待ってと懇願。

だが、その思いを知りながらも叫びの力を発動。

叫んだことで、ファルコを含め脊髄液を体内に含んだ人達がみんな巨人化。

ファルコが巨人化、ライナーに攻撃。

ライナーは自分が食べられて鎧の力を継承しようとしますが

そこに巨人になれない瀕死状態のポルコ登場。

ライナに触れて、兄・マルセルの記憶を見たポルコ。

マルセルは、軍を騙してライナーを戦士にして弟のポルコを守ろうとしたことを知ります。

そこで、ファルコを救うためにもファルコ巨人に自分を食べさせて顎の巨人の力を継承させる

何とかエレンとジークが触れようとした時にガビがエレンの首を撃ち抜きます

みんなが巨人化した時、ピクシス司令やナイルが巨人化。

ショックです( ; ; )

それと、ライナーをよく思っていなかったがポルコがマルセルの思いを知るところも胸を締め付けられます!!

みんな自分達の目的のため次々犠牲を出すのがすごい( ; ; )

犠牲を出しても達成する姿に本気を感じます。。。

120話 刹那

エレンの頭を何とか手にとるジーク。

接触により、大きな光が空に出続ける砂浜にいるエレン。

そこは、全ての道が交わる座標。

向かってくる女の子。

女の子の名前は、始祖ユミル。

ジーク曰く、この場でみんなが力を求めるたびに巨人を作っているという。

ジークのくびには、『不戦の契り』の鎖がついておりユミルに命令できるのはエレンだけ。

ジークは全てのエルディア人を今後永久に子供を作れない体にしろとユミルに伝えるようエレンに言います。

エレンは断ります。

力を貸すように言いますが、ユミルはエレンを通りすぎてジークのもとに行く。

実は、王族の血を引くジークは初代王の思想に染まらないことで『不戦の契り』の無力化に成功しています。

奴隷の始祖ユミルは、王族の血を引くものに服従し、始祖の力を手に入れてます。

気が付くとエレンの手には鎖が。。

父・グリシャの被害者のエレンに始祖の力で治してやると頭をくっつけるジーク。

過去の記憶を辿る。

色んな姿を見せるグリシャ。

ある時、グリシャが寝ていると急に起き出し『ジークそこにいるのか!?』と目の前にジークに気づくそぶりを見せる。

それを見たエレンが『次の記憶だ』と次の記憶に行く。

ついに、座標の道が開かれる!^^

ジークが俺達が巨人の力を求めるたびに巨人を作っているという。

これは、29巻でジークが体を損傷した時に治したのがユミルってことになります!!

あと、グリシャは、ジークの存在に気づくそぶりを見せます、これは本当に見えているのか。。(・・?)

ちょっと引っかかるところです!!

この後二人がみる過去の記憶とは。。。

121話 未来の記憶

ジークは、洗脳されていないと言うエレンに問いかける。

「始祖の力を使ってどうするつもりなんだ」と。

昔、大人3人を殺した記憶を見ながらエレンは言います。

生まれた時から俺はこのままだ

他人から自由を奪われるくらいなら、そいつの自由を奪う

父親に変えられたのではなく生まれた時からこのままだと言います。

記憶が進みグリシャがレイス家のもとに登場。

フリーダに壁を攻める巨人達を殺すようにお願いします。

だが、フリーダは過ちを犯したユミルの民は裁かれるべきだと拒む。

そこで、グリシャは自分の体に宿す『進撃の巨人』の力を説明する。

未来の継承者の記憶を覗き見できる力。

ここで始祖を食い王家の血をここで絶える未来が決まっていると言います。

自分には子供達を殺せないと膝を落とす。

その姿を見たエレンがグリシャを睨みつけ、死んでいった大切な人たちのためにもレイス家を殺すように言います。

レイス家を皆殺しにして一人外に出る。

エレンの記憶を見たグリシャは目の前にいるジークに気づき今までのことを謝罪し、愛していると伝える。

エレンを止めてくれと。。。

そこで、ジークが離れて記憶が止まります。

ジークは、父がしたことは全部エレンが仕向けたことと悟る。

エレンは、4年前にヒストリアの手に触れた時にグリシャの記憶から自分の未来の記憶を見たと言う。

ジークは、急に『ユミルの民から生殖能力を奪え!!』とユミルに言います。

動き出すユミル。

レイス家を皆殺しにしたグリシャは酷いやつですが、まさかエレンが仕向けていたとは。。Σ(゚д゚lll)

多分、終わりがありその記憶にたどり着くために過去が動いてるのでしょう。

すごく最悪なラストになりそう。。。( ; ; )

先ほどのジークが本当に見えているのかっていうのは、121話を見るとその時実際に目の前で見えている訳ではなさそう。

多分、エレン達が過去に行って起こした行動が未来の記憶として、そのタイミングで未来の記憶がグリシャに見えたのでしょう。。。

122話 二千年前の君から

二千年前の回想

フリッツ王が豚を逃したのは誰だと奴隷達に聞きます。

すると、みんながユミルを指差し、ユミルは拷問を受け瀕死の状態で一人森の中を彷徨います。

亀裂の入った大きな木に辿り着き亀裂の中の水の中に落ちてしまい、

ユミルは、巨人化の能力を手に入れます。

そのあと、あらゆる功績を挙げエルディアを大きくし、フリッツ王に褒められます。

ご褒美に子種を与えられる。

そして、マーレを滅ぼすように命令されます

ユミルはマーレを滅ぼし、娘を3人授かります。

あるとき、マーレの兵士がフリッツ王に槍を投げ殺そうしますがユミルが庇い致命傷を負う。

フリッツ王はユミルの力を引き継がせるため我が娘のマリア、ローゼ、シーナにユミルの体を食べさせます。

ユミルの血を絶やさぬよう子孫に背骨を食べさせて巨人の力を継承していくことを伝える。

場面は変わり。。。

俺がこの世を終わらせてみせる。俺に力を貸せ。

と、後ろから抱きつくエレン。

ユミルに奴隷でもなく神でもなく、ただの人だと言います。

ジークが必死にエレンを止めようとユミルに命令し続けるが無視する二人。

エレンが『二千年前から誰かを待っているんだろ』と語りかけると泣くユミル。

その後、現実に戻りエレンの頭から脊髄のようなものが出て、壁が崩れ、巨人達が動き出し、終了。

ユミルが悲しすぎる。。

ずっと二千年間一人で背負い続けるなんて。

そう考えるとエレンを導き出したのはユミルなのでしょう。

エレンも悪に染まっているようにも見えますがユミルのことだけを考えるとどんなことが起きても救って欲しいなと思います( ; ; )

この二人が世界をどう変えるのか楽しみです!!

進撃の巨人 30巻 Twitterの口コミ・感想

30巻を見て伏線の回収に対しての感想が多い!!

確かに最初から全部計算して作られてるなら構想にどれだけの時間をかけたんだ(笑)

進撃の巨人は奥が深い。。。

進撃の巨人 30巻 ネタバレ まとめ

エレン達とマーレ軍との戦いの中で瀕死のポルコから顎の巨人の力を受け継ぐファルコ。

ガビに頭を吹っ飛ばされるも接触に成功するジークとエレン。

全ての道が交わる座標へ。

そこに姿を現す始祖ユミル。

ジークの「安楽死計画」を受け入れないというエレン

始祖ユミルに話かけるも無視され「不戦の契り」を無効化した王族の血を引くジークのもとへ。

ジークはグリシャに洗脳されたエレンに事実を見せるために過去の記憶を辿ります。

そこで見たのは「進撃の巨人」の力で未来の継承者の記憶を見れるグリシャが、エレンに言われてレイス家を皆殺しにしたというもの。

ジークに謝罪して、エレンを止めるようにお願いするグリシャ。

記憶は途切れ、ジークに説明するエレン。

4年前に、ヒストリアの手に触れた時、エレンはグリシャの記憶から、未来の自分の記憶を見たと。

エレンを阻止するために、ユミルに民の生殖能力を奪え!!と言うジーク。

それを見たエレンは、ユミルを後ろから抱きしめる。

話は二千年前に遡る。

王と奴隷達によって重症を負ったユミルは、一人で大きな木にたどり着く。

木の切れ目に入ると水の中に落ち、巨人の力を手に入れ巨人化。

王に命令されマーレを滅ぼし、フリッツ王との間に3人の娘を授かります。

ある日、ユミルはフリッツ王を守るためにマーレの兵士が投げた槍を受ける。

槍で刺され生き返る気配のないユミルをフリッツ王がマリア、ローゼ、シーナの3人の娘に食べさせ巨人の力を継承させる。

9つの巨人が生まれ受け継がれる巨人の力。

場面は戻り、エレンが「オレがこの世を終わらせる。オレに力を貸せ」とユミルに言います。

二千年前から誰かを待っていたんだろ」と語ると泣くユミル。

現実の世界に戻り、始祖の力が発揮し、壁が崩れ動き出す巨人達。

ここで30巻は終わります。

無証、ヒストリアの手に触れた時エレンが意味深な顔をしたのは、未来の記憶を見たから。

壁の名はユミルの力を受け継いだ3人の娘の名前でした。

ここにきて今まであやふやになっていたことが一気に明かされる。。

今後、どの様な展開になっていくのか非常に楽しみ!!!

31巻に期待です!!

進撃の巨人を無料で読む方法!

今回は、進撃の巨人30巻ネタバレを紹介しました!

が…

やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね!

ネタバレだけでは、伝えきれない進撃の巨人の緊張感や魅力を味わうためにも是非漫画を読んでみてください^^

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、すぐに無料で読めます!(#^^#)

進撃の巨人の最新話は別冊マガジンでご覧頂けます!!

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がずっと40%ポイント還元
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました