弱虫ペダル 590話 ネタバレ ・感想☆壱藤のパニック、頂点へ

弱虫ペダル

前回のあらすじ

2度目のインターハイが幕を閉じて、小野田は夏休みにサイクリングへ出かけた。

そんな折、峰ケ山で出会った雉弓射の誘いによって、小野田はMTBレースの観戦に向かった。

 

そのレースでは、と、そのライバルである吉丸雷音との激闘が繰り広げられる。

 

結果は、に軍配が上がった。

 

その後、小野田のスペアバイクを借りて、MTBレース《初心者コース》に初参戦!

 

小野田に与えたミッションは他でもない、1位でゴールすること。

 

レース開始から、慣れない路面に悪戦苦闘しながらも着実に順位を上げ、ついに先頭の壱藤に追いつく小野田。

 

しかし、壱藤は初心者以上の実力者だった!

 

彼との差をなかなか埋められない小野田は、レースを見守るにアドバイスを求めた。

そこでが放った助言は、「何もない」。その一言のみ。

それは、MTBレースの厳しさを受け入れて、孤独と向き合って走れ、というメッセージに他ならなかった。

 

ついに、自分の走り方を見出した小野田は、ハナ歌を口ずさんで…!?

 

この記事では弱虫ペダル第590話のネタバレを紹介します!

ネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTなら無料で読めますよ!(#^^#)

週刊少年チャンピオンで最新話がご覧いただけます☆

600円分のポイントがもらえる/

 

弱虫ペダル 590話 ネタバレ

弱虫ペダル ー ハナウタ ー

“ 大きくなぁれ♪ 魔法かけても♬ “

 これまで小野田がロードレースのなかで、足を高速で回しながら口ずさんだ鼻唄…

 

『ラブ☆ヒメ』1期目のOPテーマ「恋のヒメヒメぺったんこ」。

 

 1年生で出場したインターハイでは、先輩(田所 迅)を窮地から救った歌であり、

 2年生で出場したインターハイでは、先輩(青八木 一)と、

 後輩(鏑木一差)に奇跡的な力をもたらした歌でもあります。

 

しかし、今はリズムを早くすればタイヤが泥で滑り、転倒を招きます。

 

そこで小野田は、「恋のヒメヒメぺったんこ」をこれまでのように “アップテンポ“ で歌うのではなく、

スローテンポのバラード・バージョン“ で歌うことを試みたのです。

 

そうすることにより、【ゆっくりだけど確実に前へと進んでいくペダリング】を実現させました。

 

ついに並んだ!!

 

“ぞくっ“

 

後方から、異様なプレッシャーを感じとった壱藤

勝利を確信していた彼は、互いの距離が確実に埋まってきているという事実を、しかし認めようとはしませんでした。

 

(壱藤)“落ち着け!オレのほうがリードしている!!“

 

この先はゆるやかなコーナーが2つ。

そして《泥の登り》が終わるまで、200Mを切った、ちょうどそのとき。

壱藤は、焦りを感じた自分を静めるべく、状況把握につとめました。

 

・自分の方が先に下りに入れば、バランスの悪い小野田を確実に引き離せる。

・とにかく落ち着くべき。
 心の焦りは、走りに乱れを引き起こす。

・“奴“ は素人だ。


・泥で転んだ上に、さんに“「何もない」と言われていた。

・相当ムリをして、息も絶え絶えにして追いついてきているはずだ。

 

(壱藤 )“「その乱れた呼吸の音を、聞いてやる!!」“

弱虫ペダル第590話より引用

 

そうして壱藤が後方に耳をそばだてた、次の瞬間…!

 

(小野田 )“「…なの…ヒメ…リーチャンス‥ペタンコ…」“

弱虫ペダル第590話より引用

 

まるで壱藤を呪う呪文のような声が、彼の耳に入ってきました。

 

(壱藤) “「ラブリー?チャンス?ペタンコチャン?!」“

 

またも背筋を凍らせる壱藤

 

壱藤 “「何だ、なんだアイツ!」“

 

ーーーー 聞き違いではない ーーーーー

 

たしかに聞こえたのだ。

この登りのなかで、しかも微笑みながら…

(小野田) “「ヒメなのだ♪」“

 

不可解な歌をうたいながら、いきなりペースを上げて迫ってきた男・小野田坂道は、

 

(小野田)「このバラードバージョンは劇中のエピソードと相まってサントラCDⅡにフルバージョンが収録されていてボクも大好きな1曲なんです!!」

弱虫ペダル第590話より引用

 

(壱藤)「何わけわかんねぇこといってるぅ!!」

弱虫ペダル第590話より引用

 

レース中であるにもかかわらず、いきなりマニアックな話題をふってきたではありませんか!

そして、完全に小野田のペースに呑まれ、パニック状態に陥っていく、壱藤。

 

今度こそ確実に引き離そうと、壱藤は全力のダンシングをもって加速を試みます。

    そして…

 

「はるか後方まで引き離したはず…」

 

壱藤のその淡い期待は、しかし一瞬で裏切られることとなります。

後ろを振り返った彼の視線の先には、登ってきた泥の坂が、ただ真っ直ぐ下へ伸びているのみ。

 

怪訝に思った壱藤は、とっさに左へ振り返ると、そこには!

 

(実況)《初心者クラス57番、ついに先頭9番に並んだァーーー!!》

 

いつのまにか真横に並んでいた小野田

“登りきり“ まで、のこり80M!!

見物客たちが口を開けて、信じられない!といった顔で2人を見ています。

おなじくレースの行方を見守る雉弓射も、アイウエアを外します。

その顔には、ほかでもない、小野田坂道へ対する「驚き」が浮かんでいます。

それもそのはず。

はつい先ほど、自分にアドバイスを求めてきた小野田に対し、「何もない」という厳しい一言を放ったばかりなのですから。

 

壱藤のパニック、頂点へ

 

(実況) “《9番、再び意地の加速!!》“

 

すぐさま小野田を後方においやる壱藤

 

(壱藤) “くそ!!“

 

しかし、そんな彼は、焦りを隠せないまま。

ずっとコントロールできていた自分のバイク(MERIDA)が、このとき異常に重く感じたのです。

 

    (実況)《登り切りまで、あと50M!!》

 

小野田が追う!

壱藤が必死に先頭をキープ!

と、そこで壱藤は振り返り、小野田のバイクを凝視しました。

 

(壱藤)“くそ、こいつの自転車…何かズルいものでも仕込んでるじゃねぇだろうな!!“

 

しかし、その懸念は一瞬にして吹き飛ぶことになります。

なぜなら、自転車のパーツがどうのこうの、という問題ではなく…。

雉弓射」を敬愛する壱藤が、“それ“を見紛うはずもありませんでした。

 

小野田が乗っているその自転車は、かつてがレースで乗っていたMTBそのものだったのですから。

 

壱藤)「何でてめぇがそれに乗ってんだァ!!」

弱虫ペダル第590話から引用

 

小野田、ふたたび壱藤に並ぶ!

 

次号につづく

 

弱虫ペダル 590話 まとめ

 

twitterより引用

今回は、弱虫ペダル第590話「歌をうたって」のネタバレ記事を書かせていただきました。

 

さて、もういちど第590話の内容をかんたんに整理してみましょう♪

 

小野田は「恋のヒメヒメぺったんこ」を “スローテンポ“ で歌うことにより、泥の登りを攻略するペダリングを可能とした。

小野田の不可解な「鼻歌」と「言動」により、壱藤はしだいに、冷静な心を保てなくなっていった。

③軌道に乗ってきた小野田は、ついに壱藤と並んだ。

雉弓射は、小野田がどのようにしてペースを上げることができたのかは、まだ知らない。

⑤《泥の登り》が終わるまで、のこり50Mとなった。
 その先は下り。

壱藤は、小野田が乗っている自転車が、雉弓射のものだと知って混乱を隠せない。

 

…こんな感じですかね。

 

今回のレースで小野田が歌い出した「恋のヒメヒメぺったんこ」のバラード・バージョン?

「後づけ設定でしょ!」

って指摘する声も上がるかもしれませんが、まぁそこはどーでもいいところです。

 

重要なのは、

小野田坂道だからこそ、こういう展開になった…

小野田坂道にしか、できなかった…

それこそが、少年マンガには欠かせないポイントだと思います。

 

そして壱藤が次第に冷静さを失っていく様は、まるでホラー映画でパニックを起こしていく登場人物のようでもあり、読者の私としては最高に楽しめた回でした。

 

また、のこり50Mを切った《泥の登り》。

 

話の流れからして、先に下りへ入った方がレースを制するような感じになってます。

しかし下りでは、バイクコントロールに長けている壱藤のほうに分がある気がしますね。

そう考えると、小野田はすこしでも差をつけて《泥の登り》を制する必要があるのでは?

 

次回に注目したい点は、どちらが先に《泥の登り》を制するのか、ですかね。

来週も楽しみです。\(^^)/

 

弱虫ペダルを無料で読む方法!

今回は、この記事では弱虫ペダル第590話のネタバレを紹介しました!

が…

やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、すぐにお得に読めます!(#^^#)

週刊少年チャンピオンで最新話がご覧いただけます☆

弱虫ペダルの特徴は、「臨場感あふれる表現力」です!

さらには、モブキャラや背景、集中線まで「渡辺航 先生」1人で描いているそうです!

是非、渡辺航ワールドの迫力を、漫画でお楽しみください!!

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がずっと40%ポイント還元
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました