わたしの幸せな結婚(1話)ネタバレ・感想☆運命の歯車が動き始める

わたしの幸せな結婚

わたしの幸せな結婚は、家族からも使用人以下として蔑まれ、虐めに耐えてきた

主人公が幸せを掴んでいく、和風シンデレラストーリー。

異能者の家系に生まれた斎森美世。しかし彼女は異能を持たなかった為、

継母や異母妹に蔑まれ、実父にも愛されず使用人以下の毎日を過ごしています。

時代は明治〜大正、異能という不思議なファンタジーな要素、そして何より胸キュンな恋愛要素

楽しみなお話です。

辛い毎日を送る美世に幸せはやってくるのでしょうか?

儚げな主人公に思わず肩入れしてしまうお話です!

この記事では1話ネタバレと、わたしの幸せな結婚を無料で読む方法を紹介します!

もしネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTならすぐに無料で読めますよ!

600円分のポイントがもらえる/

u5408u308fu305bu3066u8aadu307fu305fu3044

わたしの幸せな結婚 1話 ネタバレ

初めての挨拶

一人の少女が男の前で頭を垂れている。

嫁ぎ先の当主に挨拶をするために。

しかし挨拶が終わっても、目の前の男は背中を向けたまま何も言わない

どれ位の時間そうしてればいいのだろう。

しかし、斎森美世は動じません。

無視され、放置されているのは慣れているから・・・ すると、男が口を開きます。

        いつまでそうしているつもりだ

                       わたしの幸せな結婚1話より

ふと顔を上げた美世は、その男に目を奪われました。

そこには真っ白な肌・薄茶の髪・青みがかった瞳のとても美しい青年がいたのです。

しかし、美しいものの裏側も彼女は知っています。

彼女の近くにも、美しい外見で毒を持っている人がいたからです。

この人物にしても、今まで名家の令嬢達が3日持たずに逃げだしたと言う噂を聞いています。

しかし、どの様な人物であっても、彼女に帰る家は最早ありません。

この先、何があってもここで頑張らなくではならないのです。

後がない美世の決心が感じられる一幕です。

斎森家の事情

斎森家は異能の家系の名家で、美世は長女として生まれました。

政略結婚という形で父に母は嫁ぎました。より濃い異能の血を残す為です。

父には当時恋人がいたが、家の決まりには逆えず別れてしまいました。

何となくみんなが何かを犠牲にした結婚の様ですね・・それぞれ辛かったでしょう。

美世が生まれてまだ小さい頃に母は病で亡くなり、その後父は別れた恋人と再婚をし、

継母は父を奪った女の娘を憎みました。

美世が悪いわけではないのですけどね・・・女の恨みは恐ろしい・・(゚д゚lll)

そして異母妹の香耶が生まれ成長するにつれ、父は美世に見向きもしなくなりました。

父・継母・異母妹の3人が家族であって、美世はその中には入れてもらえません。

幼い美世がその姿を見つめているのを想像すると、切ないやら悲しいやらで

目から汗が出てきます。(T_T)

しかも異母妹の香耶は見栄えもよく、美世が持っていない「見鬼の才」を持っています。

異能の家系において、見鬼の才やそれよりも強い異能を持つことは不可欠。

才能あるなしで扱いが違うこともよくある事でした。

香耶も継母と共に、幼くして美世を見下す様になっていきます。

怖い英才教育ですね〜。(´Д` )

何かと難癖をつけ美世を陥れ、虐げます。

謝罪する美世。見下せて満足な香耶と継母。目の前で見てても何も言わない父。 

これが斎森家の当たり前の風景。

家では誰も味方がいなく、だた謝罪し頭を下げている日々。

何年も何年もこんな異常な風景が繰り広げられたのです。

この時代名家の令嬢であれば16・17歳で嫁ぐ事は普通です。

美世は今年で19歳です。無論縁談の話はありません。

もう美世は人生を諦めています。ずっとこのまま下僕のように働き虐げられるだけ。

意地悪して人を見下して喜ぶ輩は、この世の中に少なからずいます。

蔑まれることに慣れてしまうと、何の感情も無くなってしまいます。

何も考えられないほど、今の美世は心を閉ざし諦めてます。

彼女にとって幸せなんて到底つかめない夢なのでしょうか。

唯一の味方

美世が庭を掃除していると、一人の男性が尋ねてきました。

斎森家と同様、異能の名家である辰石家の次男、辰石幸次です。

美世の幼なじみで、今でも変わらず接してくれる人です。

彼はとても優しい性格で、美世が唯一心を許せる人でした。

昔、斎森家で働かされている姿を見て、美世の父に抗議してくれたこともあります。

しかし自分の父親に他所さまの事に口を挟むなと、相当怒られたようです。

美世にとって彼の存在は、地獄の様な毎日の中での穏やかなひとときでした。

今日の服装から普段とは違う彼を不思議に思う美世でしたが、ふとある思いにかられます。

結婚の申し込みに来たのでは・・・でもすぐに取り消します。

今の自分は貧しい庶民と変わらず、彼とは住む世界が違いすぎる。

その時、使用人の一人から声をかけられます。父に呼ばれているようです。

戸を開けるとそこには、美世の父、継母、香耶、辰石幸次がおりました。

父が話す事は、思っていた通り斎森家の今後のお話での様でした。

辰石幸次は斎森家へ婿養子に入るという。

その彼を支える妻は香耶であると告げられます。

美世の淡い期待は、打ち砕けます。

もしかしたら・・・今の状況が変わるかもしれない!

よく考えればそんなことは、絵空事であり現実にはありえないことなのに!

そんなあり得ない、淡い期待をした自分を責め続けます。

期待を抱いてしまったがために、余計に打ちひしがられる思いです。

さらに追い討ちをかけるように、美世に嫁げとのこと。

相手は久堂家当主、久堂清霞

久堂家は異能一家の中でも別格な一族と言われている・・

当主自身は、冷酷無慈悲と言われ、今まで婚約者候補の令嬢達がどれだけ

逃げ出したかわからないという、曰く付きの人物。

そういった噂は、美世でも知ってるというくらい有名でした。

悪名高き人物に嫁げと言われたところで、絶望以外の何ものでもありません。

そんな美世にわざと、良かったわねなど上から目線でいう異母妹と継母。

わかっているくせに。久堂家に行ってもうまく行くはずがない事を。

わかってるからこそ美世を嘲笑し楽しんでいるのです。

父もわかっているのに、嫁いで当然という態度です。

美世自身も、久堂家当主となど上手くいくわけがない、

そして、斎森家を出てしまえば、二度と戻れないことを知っています。

つまりは、程よく追い出されるのです。

運命が悪い方悪い方へ動いていくようで、気力がなくなっていく美世でした。

使用人以下の扱いを受けながら成長し、好意を寄せている幸次は意地悪な香耶と婚約、

挙げ句の果てに家を追い出される。なぜこんな仕打ちを受けたければいけないのでしょうか?

すべて父、継母、異母妹の思惑通りになるのでしょうか?

やりきれません・・・。(ToT)

思い通りにならない運命

部屋を出ると幸次が美世を呼び止めます。

そして謝るのでした。今まで何もできなかったことを。

精一杯の気力を込めて、嫁ぎ先で幸せに慣れるかもと言いましたが、

心は虚しいままでした。

幸次は、なぜ何もしてくれなかったのかと美世に自分を責めて欲しい気持ちでいっぱいでした。

今は彼女に謝ることしかできない。

ただ彼は彼女を助けたかった・・・昔みたいに笑い合いたかった・・・

幸次が僕は君を・・・と美世の手に自分の手を伸ばしかけたところで、

香耶に声をかけられます。

何をしてるのと微笑む彼女に、何でもないと告げる幸次。

今ここで何か口をひらけば、美世か香耶どちらかを傷つけてしまう。

それがわかっている彼は、いつも何も言わない選択をするのです。

彼は優しすぎるのです。そして臆病です。

僕は君を・・・彼が何を言おうとしたのかわからないし、

今更どうでも良いと美世は思います。

しかし、今まで彼の優しさに何度も救われたのは確かです。

美世は最後に幸次にお礼を言い自室へ戻るのでした。

斎森家の想い出

斎森家の使用人用の部屋で、中々寝つけずにいます。

部屋にある見慣れない豪華な着物。

みすぼらしい格好では斎森家に傷がつくと父から渡されたもの。

美世は、よそ行きの着物がないことを今まで放置していた父に切なくなります。

本当に自分に対して無関心だった事に傷つきます。

しかも美世の為でなく、家の名誉の為に用意したいうのが何とも言えません。(/ _ ; )

荷物自体たいしてなく、母の形見は継母と異母妹に捨てられるか、

盗られたりしてもうありません。

ここの家で思い出すことはみんな苦しく、悲しいことばかり。

だからと言って、明日からだって幸せなんてやってこないとわかっている・・

望みは、早くこの命が尽きる事。期待を抱いて美世は眠りにつきました。

斎森家を出てしまえば、明日からはもう後がない身です。

命つきたいと思っても、目が覚めれば明日がくる。

明日がきたら、前へ進むしかない、どんなことがあっても。

わたしの幸せな結婚 1話 口コミ・評判

早く続きが読みたくて、うずうずしてきますね!(≧∀≦)

幼い頃から、辛い目にあってきた美世にみんな幸せになって欲しいと願ってしまいます!!(´∀`)

わたしの幸せな結婚 1話 まとめ

わたしの幸せな結婚1話は、切なくて涙なしには見られませんでした!(ToT)

悲しみ、切なさ、諦め、色んな負の感情が満載で美世じゃなくても生きる

気力が失われそうです。

家族に愛されず、好意を寄せていた人物は自分を虐めていた異母妹の元へ。

そして自分は、冷酷無慈悲な人物の元に嫁に出されてしまうなんて、

美世の今後はどうなってしまうのでしょう??

このまま不幸な階段を転げ落ちていくのでしょうか?

幸せになる事を祈りつつ、次回が楽しみな物語です!

わたしの幸せな結婚を無料で読む方法!

今回は、わたしの幸せな結婚1話ネタバレを紹介しました!

が…

やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、すぐに無料で読めます!(#^^#)

『わたしの幸せな結婚』は漫画自体がとても美しく、表情・情景も丁寧に描かれてます。

斎森美世や久堂清霞のキャラクターがセリフを話す楽しさを味わってみて下さい!

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がずっと40%ポイント還元
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆

u5408u308fu305bu3066u8aadu307fu305fu3044

コメント

タイトルとURLをコピーしました