わたしの幸せな結婚(8話)ネタバレ・感想☆初めての気持ちと贈り物

わたしの幸せな結婚

異能を持つ両親から生まれたものの異能はなく母亡き後、

父が再婚した継母やその子供の異母妹に虐められながら育った斎森美世

父でさえ美世に無関心なかわいそうな境遇の美世が、少しずつ幸せを掴んでいく物語。

虐待により自分を卑下してしまう美世に絶対に幸せになって欲しいと願わずにはいられません!

お互い戸惑いつつも、少しずつ心を通わせていく様も見どころです。

久堂家へ婚約者としてやって来た美世。久堂家での生活にも慣れてきました。

清霞との初デエトはとても楽しく終了し、もう少しこのままでいたいと思う美世でした。

この記事では8話ネタバレと、わたしの幸せな結婚を無料で読む方法を紹介します!

もしネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTならすぐに無料で読めますよ!

600円分のポイントがもらえる/

合わせて読みたい

『わたしの幸せな結婚』8話のネタバレ

贈り物をしよう!

美世は清霞に櫛をプレゼントされ、とても嬉しかった事や今までの感謝の気持ちから

清霞に贈り物をしようとゆり江に相談します。

そこでゆり江は手作りのものがいいのではと伝えるが、美世は自分が作ったみすぼらしい物など

清霞は喜んでくれるだろうかと不安だと言いました。

しかしゆり江は、美世が作ったものであれば絶対に喜ぶことを伝えました

そして一冊の雑誌を見せ、この中から選んではとヒントをくれます。

その中に組み紐の作り方が載っており、髪の長い清霞にぴったりと思い

組み紐を作ることにしました。ゆり江も大賛成!

美世は清霞に買い物に行って良いか尋ねると、酷く心配をするのか色々美世に聞いてきます。

まだ足りないものがある?ひとりで?危なくはないか?などなど・・

美世は自分で買いたいものがあること、昼間にゆり江と一緒に行くことを伝えます。

さらに清霞は自分と一緒ではダメなのかと美世に言いますが、贈り物を気付かれるのは

気恥ずかしいし忙しい清霞につきあわせるのは忍びないと考え、やんわりと断るのでした。

清霞は仕方ないなという感じで、買い物を承諾します。

そして知らない人間にはついていくなと子供に言うような事をしっかり美世に伝えます。

買い物当日も清霞は美世にお守りを渡し、肌身離さず持っていろと念を押すのでした。

そんな清霞に美世は頬が緩むのでした。

美世が街へ出かけるのに結構な質問責めをしている清霞がとても可愛らしい場面でした。

出かける当日もお守りを持たせるなんて、もしかしてかなりな心配症?と思ってしまいます。

でもそれだけ美世の事を大事にしたいんだなという事がとても嬉しく

ニヤけてしまう場面でした!(//∇//)

辰石幸次の本心

辰石家の空気が最近悪い。原因は幸次の父。辰石家当主の機嫌がすこぶる悪いのだ。

物事が上手く進んでない為らしいが、我関せずの兄、引きこもってしまった母、

使用人達も父の機嫌を伺い、結果家の中の空気が悪くなってしまう。

辰石幸次は物静かで穏やかなタイプだが、しかし激しい感情がないわけではない事は

自覚している。

その時香耶が幸次に声をかけました。買い物につき合ってという事だった。

幸次は香耶を見て思う。

         ああ これだ

僕はこんな女と結婚してこの先何十年も過ごさなければならないのか

                わたしの幸せな結婚8話より

            彼女を虐げていたこの女と

                 わたしの幸せな結婚8話より

それでも、辰石幸次は好青年のままでいようとします。

大事なあの人の為に・・・斎森家を誰よりも近くで見張る!その為に!

彼女を守れるのは僕しかいないのだから・・・と。

ちょっとこれはびっくりしましたね。(・_・)

親の言いなりで外からは意思のない弱い人間に見えた幸次がこんな思いを持ってるとは!

香耶と結婚して斎森家を見張るなんて、自分の人生かけて美世を守ろうとしているとてつもない

意思の強さが見えました。そういう守り方もあるんだなと。

そうだとすればある意味、というか相当香耶はかわいそうな人なのでは?

まあ自業自得ですから仕方がないですね〜!!

本人全然気づいてないですし!自信満々の香耶がまさか自分がそんな風に思われてるなんて

つゆほども思ってないでしょう。それに知らない方がいい事って世の中ありますからね!( ^ω^ )

この二人も今後どうなって行くのかも、俄然興味が出てきました!

嬉しいお買い物と迫る暗雲

組み紐の使う糸を探しに街に出てきた美世とゆり江。

組み紐の店に行くもあまりの色の種類に目移りしてしまいます。

ゆり江は時間はあるのでゆっくり探しましょうと言ってくれました。

確かにどれにしようか迷ってしまうが、その時間も何だか幸せに感じる美世。

自分が誰かの為に何かをしようなんて、今まで考えた事がありませんでした。

命じられた事を淡々とこなし、理不尽に堪える人生。

誰かの喜ぶ顔を想像して何かをする事がこんなに楽しい事だと知りました。

たとえこの生活が長くはないとしても、こんな感情を与えてくれた清霞に改めて

感謝する美世でした。

買い物が終わり店を出る二人。

とても良い色が見つかったので安堵する美世。

安い糸で素人が作るものだから貰っても嬉しいものではないかもしれない。

だけど、一体どんな顔で清霞が受け取ってくれるのかどうしても期待をしてしまう美世でした。

ゆり江が、お塩を買い忘れたとのことで塩を買いに行ってしまいます。

ひとりで待っている美世でしたが、だんだん取り残されたように思い、

不安になってきます。

やっぱりゆり江さんについて行けば良かったと後悔していたところ・・・

          あら おねえさまじゃない

                わたしの幸せな結婚8話より

美世はゾッとしました。

聞き間違えるはずがないこの声は、声の方に振り向くとそこには・・

香耶と幸次が立っていました。

そして、また蔑んだ目が美世を突き刺すのでした。

ああ、なぜここで会ってしまうのだろう。

折角、いい方向に向かっているところだったのに!

人の為に何かをしようと思う事がなんて幸せな事なんだと初めてわかった美世。

今後は幸せに向かうばかりと思っていた矢先に、また悪魔みたいな女に出くわしてしまいました。

この後はどうなるのでしょう?

いっそ無視をしてくれた方がよっぽどいいのですが、香耶の事です。どうなることやら・・・

美世を傷つける事をしないよう祈るばかり!(><)

『わたしの幸せな結婚』8話まとめ

美世は初めて人に何かをしたいと思い、それが幸せである事を知ります。

そうですよね!人の為にプレゼントを選んだりする時間てとても幸せですもんね!(≧∇≦)

斎森家では美世自身人間扱いされてなかった為、そんな事を感じることもありませんでした。

とても人間らしい、等身大の女の子の生活が楽しくなっている美世。

今回は辰石幸次の本音がわかるのも感慨深いですね。

まさか、そんな思いで香耶と婚約しようとしているなんて。

やはり人の本心は、外見だけではわからないものです。

そして美世と香耶、香耶がどう出てくるのかが気になって仕方ありません!!

わたしの幸せな結婚を無料で読む方法!

今回は、わたしの幸せな結婚8話ネタバレを紹介しました!

が…

やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、すぐに無料で読めます!(#^^#)

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がずっと40%ポイント還元
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆

合わせて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました