BUNGO(ブンゴ)222話 ネタバレ・感想☆日本代表の4番

BUNGO

野球に人生を懸ける少年達の、選手としての成長を描く王道野球漫画・BUNGO(ブンゴ)

主人公・石浜文吾と、チームメイトの天才打者・野田幸雄は、お互いに日本一の打者と投手になると誓います。

現在は、野田は全米選手権で日本代表として招集され、他のシニアのメンバーと共に優勝を目指します。

文吾は袴田達と共にさらに上を目指すための特訓をしています。

そして、現在メインはリトルシニア全米選手権。

日本は今大会優勝すれば6連覇、アメリカは全力で阻止しに来るでしょう!

日本は6連覇を成し遂げることが出来るのでしょうか?

そして、野田はこの大会で、日本一の打者になるためのキッカケを掴む事ができるのか!?

今回は、BUNGO(ブンゴ)222話のネタバレ情報をお届けします。

この記事では222話ネタバレと、BUNGO(ブンゴ)を無料で読む方法を紹介します!

もしネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTならすぐに無料で読めますよ!

最新話を読むことはできませんが、最新刊は無料で読めるのでオススメです!

600円分のポイントがもらえる/

BUNGO(ブンゴ) 前回までのあらすじ

リトルシニア全米選手権が開催され、初戦のプエルトリコ戦が始まろうとしていました。

その頃、袴田と瑛太と共にジャイロスライダーの投球練習をしていた文吾。

しかし、一球もストライクゾーンに入らず、瑛太は少し安心していました。

袴田は、文吾は完全にジャイロスライダーを習得した訳じゃないと考えます。

一時的に覚醒した状態、いわゆる“ゾーン”に入った状態だと考察する瑛太でした。

ジャイロスライダーを投げられなければ河村を抑えることが出来なかったかもしれないと言う袴田に、同調する文吾。

すると、文吾は”こう”じゃなくて、”コレ”で投げようと思って、と握り方を袴田と瑛太に相談します。

その握りを見た瑛太は、それで正確に投げる事が出来れば、ど真ん中ストレートはさらに進化する、と驚愕しました。

そんな中、富士ヶ丘戦はあくまでも瑛太のおかげで勝てたという文吾は、自分がエースナンバーを付けることに違和感を感じていました。

それでも、奪ったのではなく、皆が託してくれたとしたら、全力以上で答えたいと決意する文吾でした。

そして、全米選手権初戦のプエルトリコ戦は、日本打線が爆発し3回には4得点、その後も得点を追加し9対0で日本の圧勝。

その試合を観戦していたアメリカ代表は、日本の6連覇を阻止する、と日本代表選手を見下ろすのでした。

BUNGO(ブンゴ)222話 ネタバレ

スカウトの条件

文吾をスカウトしに来ていた翔西野球部部長の西内とエースの吉見。

帰りの車で、文吾に対して「石浜君と野田君2人とも欲しい!但し、シニア全国優勝が条件だ・・・!」と言ったことを振り返っていました。

めちゃくちゃな論法だったと反省する西内に、熱意は伝わったと思うと話す吉見。

すると、西内は吉見に対して、文吾のスカウトをよくすんなり引き受けてくれたなと言いました。

甲子園で文吾と吉見が戦うときに、預けてあるグラブを返せと約束していることを気にしていた西内。

吉見は、翔西に身を捧げた者だから、自分の意志はどうでも良いと言いました。


それに――・・・どっちにしても面白そうですから。味方として戦うことも、敵として戦うことも――・・・ね

BUNGO(ブンゴ)222話より

あとは石浜らしい決断を、と文吾の決断に委ねる吉見でした。

期待の4番打者

一方、全米選手権予選リーグ、対キューバ戦では、日本は中盤までリードを許す苦しい展開でした。

6回表、杉浦がライト前ヒットで出塁すると、続く河村が右中間を破るツーベースヒット。

一死、二・三塁、逆転のチャンスとなります。

伴野は「幸一――!!お前の力は世界級だて、無愛想名所もかわいくて最高だぞ――!!」と叫びました。

無愛想な所もかわいくて最高だぞ!は笑いました(^_^)

そして、迎える打者は3番野田。

今大会、打率・本塁打・打点で全チーム中トップの成績に会場中から期待が寄せられます。

ですが、キューバが申告敬遠をし、4番の伴野との勝負選択します。

観客は、日本は4番に重きを置いていることから、屈辱で怒っているのではないかと見ていました。

しかし、伴野は全く怒っている素振りは見せず、「よく繋いでくれた!!」と野田に声をかけます。

家長は、伴野はこんなことで怒る器じゃないと考えていました。

チームにプラスになる事だけを考える真の主将だと、伴野を信頼する家長。

打席に立つ伴野を見る野田は、どちらかというと穴の多い打者だと考えています。

しかし、打席に立つ伴野の凄みに、期待感を抱いていました。

決勝トーナメント進出

キューバの投手は、伴野に対し”妙に雰囲気があるな”と感じていました。

しかし、”変化球への対応が甘い”という情報があると、変化球を投げ込みます。


形なんてどうでもええんだわ。俺にはこれしかねーんだて!!喰らいつくしか――・・・!!

BUNGO(ブンゴ)222話より

外角低めの変化球に対応し、ライト方向へ打球が飛びます。

キューバのライトは滑り込むも球を捕れず、走者一掃のタイムリーヒットで逆転!

日本はこの一打で完全に流れを引き寄せ、7対3でキューバに快勝。

そしてBグループ1位で決勝トーナメント進出を決めました。


伴野樹理・・・お前は――・・・!!

BUNGO(ブンゴ)222話より

試合が終わり会場を後にする日本代表メンバー。

そんな中、野田は伴野を見つめ、伴野に対して何かを感じるのでした・・・。

BUNGO(ブンゴ)222話 まとめ

今回は、ど真ん中ストレートがさらに進化するであろう描写が描かれていましたね!

握り方を変えることでどう進化していくのか楽しみです(^_^)

そして、全米選手権では強豪キューバとの対戦でした。

中盤までリードを許す展開でしたが、流石代表メンバーという感じですね。

上手く4番まで繋ぎ、4番の一打で逆転し流れを引き寄せる・・・完璧な内容でした!

そして、打席に立つときの伴野がめちゃくちゃカッコよかったです!

その姿を見た野田は伴野に対して何を感じたのか?

そして文吾のストレートはどう進化していくのか?

さらに、文吾と野田の進学先はどうなるのかも気になります!

気になることだらけでこれからも目が離せませんね(^_^)

BUNGO(ブンゴ)を無料で読む方法!

今回は、BUNGO(ブンゴ)222話ネタバレを紹介しました!

が…

やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、すぐに無料で読めます!(#^^#)

最新話を読むことはできませんが、最新刊は読めるのでオススメです!☆

今回の話では、打席に立ったときの伴野の迫力がとても伝わってきました。

確かに期待してしまう気持ちがわかりますし、その期待にしっかり答える伴野のかっこよさが魅力でした。

ですが、文章だけでは伝わらない部分もあると思います。

今回の打席に立つ伴野の迫力や、試合会場の臨場感は漫画でしか味わえません!

是非手に取ってご覧になってください。

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がずっと40%ポイント還元
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました