BUNGO(ブンゴ)228話 ネタバレ・感想☆マイケルVS野田!

BUNGO

週刊ヤングジャンプで連載中の、BUNGO(ブンゴ)。

野球少年たちの成長や、ライバル同士の熱い戦いを描く王道ストーリー漫画です。

主人公・石浜文吾が、投げること以外に野球を知らないまま静央シニアという強豪チームに入団します。

強打者と勝負する事にしか興味を持たなかったブンゴが、様々な経験を経て静央のエースへと成長を遂げる姿が魅力です!

ブンゴだけではなく、他の静央のいメンバーや、強豪チームの選手たちも大変魅力的です。

その一人一人が様々な想いを胸に野球に打ち込む姿も、BUNGO(ブンゴ)の見どころの1つです!

今回は、そんな魅力がたくさん詰まったBUNGO(ブンゴ)の228話の最新ネタバレ情報をお届けします。

是非最後までお楽しみください!

この記事では228話ネタバレと、BUNGO(ブンゴ)を無料で読む方法を紹介します!

もしネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTならすぐに無料で読めますよ!

最新話を読むことはできませんが、最新刊は無料で読めるのでオススメです!

600円分のポイントがもらえる/

BUNGO(ブンゴ) 前回までのあらすじ

アメリカの試合を観戦した日本代表。

マイケル・ウィリアムソンにあてられて、帰りに身体を動かしたいと監督に掛け合う選手達。

そんな日本代表の選手達の前に、L.Aファルコンズのスカウトである成田という男が現れます。

成田に、公園内にあるグラウンドへ案内され、1時間程度なら使っていいと言われ練習開始します。

皆が、マイケル対策をする中、野田は走ってくると言い、公園内をランニングすることに。

すると、なんとアメリカ代表のマイケルと遭遇します。

野田にアドバイスを求めるマイケル。

野田は、最初は拒むものの、なんだかんだアドバイスしてしまいます。

そのアドバイスの通りにスイングをするマイケル。

そのスイングを見た野田は、マイケルを危険な男だと判断しました。

マイケルは、アドバイスのお返しに、と、“もっと野球を楽しめよ!”と野田に助言するのでした。

そして、翌日、ついにUー15全米選手権決勝戦が始まりました。

先発投手としてマウンドに立つマイケルの初球は95MPH(152km)、最速の幕開けとなりました・・・!

BUNGO(ブンゴ) ネタバレ

パワーピッチャー

Uー15全米選手権決勝、マイケルは先発投手として出場し、初球から95MPH(152km)の最速を叩き出します。

15歳にして150キロオーバー、驚愕です・・・(^^;)

杉浦は、94MPHがMAXではなかったのか、と少し戸惑います。

しかし、続く2球目、“上等だ!!”とフルスイングし、バットに当てる杉浦。

93MPH、150キロを連発するマイケルに驚愕する千秋ですが、成田は、杉浦も負けていないと言います。


大好物だぜ!! てめーみてえな速球ゴリゴリの力投手はよお

BUNGO(ブンゴ)228より

2ストライクと追い込まれるも、パワーピッチャーとの真っ向勝負が好きな杉浦は、「ガンガン来いや!」と笑みを浮かべます。

そして、3球目はアウトコースへのストレート。

杉浦はボール球と判断し見逃しますが、審判の判定はストライク。

「何ぃ!?」と声を上げた杉浦に、審判が「What?」と返すと、杉浦は、「No. You’re right.」と言い打席を去ります。

杉浦は河村に、今日の審判は外が広いとアドバイスをしました。

そして、2番バッター河村が打席に立ちます。

マイケルは河村に対して4球投げ、3ボール1ストライクと球が荒れます。


これじゃ掛け引きも何も無いんだよなあ・・・ま でも――・・・別に苦手では無いけどね!!

BUNGO(ブンゴ)228より

杉浦とは対照的に、力押しの投手を好みませんが、”苦手では無い”と、しっかりとバットに当て弾き返します。

長打になるかと思われましたが、打球はそこまで伸びず外野フライ。

球質が重いのか、あの河村が力負けしてしまいました。

河村は、「やっぱ嫌だね・・・」と呟くと、打席に向かう野田に話しかけます。

「制球もまばらだけど、球の質もバラバラだよ」とアドバイスする河村に、「オッケー!」と返し、野田は打席に向かいました。

輝く原石

マイケルが先発投手として出場したことで、開始早々マイケルと野田の直接対決。

成田は、マイケルは小学生の頃から野球をやっているが、成長痛により13ー14歳の頃はほぼ練習出来なかったと話します。

それを聞いた千秋は、「それで・・・イリノイ州の本塁打記録を!?」と驚きます。

だから、今は細かい技術指導はせず1つだけ実行させているそうです、と話す成田。


全力で打って 全力で投げろ・・・とね

BUNGO(ブンゴ)228話より

技術指導は受けず、ただただ全力でプレーするだけのマイケルは、純粋な才能だけであそこに立っている、と成田は言います。

それを聞いた千秋は、「投打での彼の技術が荒いのもその為ですね」と納得すると同時に恐ろしいと感じていました。

近年、MLBでは二刀流選手のベンチ入り枠を1つ増設する事を決め、マイケルはその新ルールの申し子になる、と成田は言いました。


1840年代 アメリカで起きたゴールドラッシュの頃でも見つからなかったでしょう

これ程特大で 輝く原石は・・・!!

BUNGO(ブンゴ)228話より

そして、マイケル対野田の第1球目が投げられようとしていました。

逸材

マイケル対野田の初球は、96MPH(153km)、マイケルの最速が更新されました。

アメリカのバッテリーは、日本の上位打線の1~4番は別格、中でも野田を最も危険な打者だと感じていました。

“力も技術もセンスも・・・言葉で表せない特別なものを感じている!!”


君とはいずれ戦う事になるかも知れないな MLBの舞台で・・・!!

BUNGO(ブンゴ)228話より

そう感じるマイケルは、“アドレナリンが溢れてくる!!”と気持ちが高ぶり、2球目を投げます。

野田は、左足を内側に捻り腰を入れて、勢いよくフルスイング。

マイケルは打球を見て、「No・・・!」と呟きます。

すると、野田もまた、打球を見て「No・・・!」と呟きました。

野田の打球は、レフト方向へ大きく飛んでいきましたが、場外まで飛ぶもファウルボール。

会場が一斉に盛り上がりました。


ゴールドラッシュ・・・マイケルにも劣らぬ逸材――・・・!?

BUNGO(ブンゴ)228話より

今の光景を見た成田は、素晴らしい、と呟き、野田を逸材だと評価しました。

野田は、「ヘイ、マイケル・・・! 今からやるぜ、昨日の続きを」とマイケルに話しかけます。


もっと教えて欲しいんだろ? 打撃の事を!!

BUNGO(ブンゴ)228話より

野田のその言葉に、「Great・・・!!」と呟くマイケルでした。

BUNGO(ブンゴ)228話 まとめ

ついにUー15全米選手権決勝戦が始まりました!

初球から150キロオーバーを連発するマイケル。

初回から全快のピッチングは最高です!

そして、その剛速球に2球目で対応する杉浦もカッコいい!

河村に関しては、外野フライにはなったものの、150キロを軽く捉えるあたり、その野球センスは抜群ですね!

ですが、今回はなんと言っても野田です!

マイケルの剛速球をファウルになってしまいましたが、場外まで飛ばしました。

その野田のバッティングがカッコよすぎでした!

野田VSマイケル、最初の対決はどんな結果になるのか!?

そして、Uー15全米選手権は、どちらが優勝するのでしょうか!?

この先の展開からも目が離せません!!

BUNGO(ブンゴ)を無料で読む方法!

今回は、BUNGO(ブンゴ)228話ネタバレを紹介しました!

が…

やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、すぐに無料で読めます!(#^^#)

最新話を読むことはできませんが、最新刊は読めるのでオススメです!☆

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がずっと40%ポイント還元
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました