ビースターズ BEASTARS  175話 ネタバレ・感想☆

ビースターズ

2016年9月から週刊少年チャンピオンにて連載されている「BEASTARS」。

2018年に手塚賞、漫画大賞を受賞し、アニメ化もされた作品です。

舞台は、肉食獣と草食獣が共存する世界。獣人として描かれています。

全寮制の高校、チェリートン学園。
高校2年生のハイイロオオカミのオス・レゴシがこの物語の主人公です。
ある日、演劇部のアルパカのオス・テム何者かに食殺されてしまいます。

テムが伝えたかった、好きな相手・エルスへの手紙をレゴシが預かっていたので渡したかっただけなのに、不器用な性格のせいでエルスに変に怪しまれてしまいます。

事件のこともあり、そこから草食が肉食を見る目が少しずつ冷ややかになっていく・・・。

そんな苦い雰囲気の中、レゴシはウサギのハルと運命的な出会いをして、自分には肉食獣としての本能が備わっていることに恐怖していくことから、お話は少しずつ人間臭さを帯びていきます。

その他にも演劇部部長の先輩、アカシカのルイともぶつかり合ったりしながらも少しずつ男同士の友情が芽生えたり、付き合う獣が増えたり相手を知っていくにつれて、レゴシの視野も少しずつ広がっていく・・・

食殺事件が収束し、その後広い世界で新たな刺客、ヒョウとガゼルのハーフ・メロンに興味を持ってしまったレゴシ。

大人の世界に入ったことで、異種である祖父・ゴーシャや自ら命を絶った母のことを考え出すレゴシ。


広い世界で大人を知ることによって、自身も大人になっていく成長物語でもあります。

たった一か所がおかしいだけで、社会の均衡が崩れていくのを目の当たりにしながら、各方面で何とかしようと動く者たち。


レゴシも、ルイやハルの応援を胸に、メロンとの決闘に挑む・・・!

そんなBEASTARSの175話ネタバレです。

ネタバレの前に絵付きで楽しみたい方!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、今すぐ無料で読めますよ!(^^)

600円分のポイントがもらえる/

前話までのあらすじ

裏市で、自分とルイの血液を含ませた松明を手に宣戦布告をするレゴシと、養父・オグマの跡取りとして記者会見会場に立つルイ。

ルイが記者会見に遅れたのは献血をしていたからだと記者に話します。

長らく謎だった、レゴシの部屋にあった大きな液体の袋が、レゴシとルイの混血だったことが判明しました。

レゴシは血を抜きながら淡々と「ルイさんの支えがなければここまで来れなかった」「大丈夫、俺に任せて」と語ります。

そんなレゴシを見て、だんだん不安と恐怖を覚えるルイ。


養父・オグマも、シシ組の組長だった時代に一番頼りになってくれたライオン・イブキも、ルイに気を揉んでくれた存在はルイが何もできないうちに亡くなってしまいました。

その姿をレゴシに重ねてしまって・・・

半分ほど溜まった血液を頭から被ったルイ!

「食って食われた仲だろ!俺たちで絶対に勝つぞ」

そこには、かつてルイが演劇部で演じた死神・アドラーの姿がありました・・・
ルイなりの覚悟と戦闘態勢でした。

レゴシは裏市で決闘スタート!


ルイも記者会見で、「裏市で何が起きているか」タブーを犯してまで話し始めます・・・。

ビースターズ 175話 ネタバレ

大きな壁と壮獣ビースターズ

街の一角に、突如現れた大きな扉。驚く市民に「あっちで騒ぎがあったから封鎖している」と警備の獣。

その封鎖扉の上に立つ、現・壮獣ビースター兼警察を率いるウマ・ヤフヤ。

その隣にいるクマのような影は、ヤフヤのサポートを長年やってきた「窮鼠五百団」というネズミの集団。

らも元々は裏市でひっそりとギャングのような生活をしていました。

ヤフヤは彼らと街の平和を守ってきたと思っているが、窮鼠のリーダーはあなた1匹で守ってきたと言う。


ヤフヤがこれから裏市に行くからお前たちは表社会の警備を頼むと言うと、「単身は危険だ」と言う。


この矛盾は、人間社会にも溢れている気がします・・・。

ヤフヤにとって裏市は宿敵。

そこで最期を迎えられるなら本望だと、腹を括っている模様。


さらに因縁の親友でありレゴシの祖父であるコモドオオトカゲ・ゴーシャとの決着でもあるとヤフヤ。


彼の孫を社会の危険に巻き込んだ責任もあり、絶対に助けなくてはいけないと思っているのかもしれません。

そう思っているヤフヤの隣にそのゴーシャが現れた・・・!

牙からだらだらと毒液を垂らしながらヤフヤの元に近寄るゴーシャ。


ヤフヤとゴーシャはかつて2匹で自警団のような活動をし、一緒にビースターズになろうとまで誓い合った仲。


その活動中に助けたメスオオカミとゴーシャが結婚し、レゴシの母が生まれました。


異種婚のせいで苦しみ、自ら命を絶ってしまった母が残したレゴシは、ゴーシャにとって何よりも大切でかわいい存在です。

孫のことを考えると毒液の分泌の歯止めが効かなくなるゴーシャ。

大きな封鎖扉にどんどん穴を開けていく・・・

「もう勘弁してくれよ!家族だ絆だそういうもの信じず1匹でやってきたのに、思いだけでコンクリートなんて溶かされたらたまったもんじゃない!」

そういう間にどんどん毒は出、穴は深くなり、隠れるゴーシャ・・・


「2匹なら裏市に乗り込めるさ」と言うゴーシャに「ランニング用ジャージで正気か」とヤフヤ。

何だかんだヤフヤとゴーシャは腐れ縁のようです。

毒と大きな愛

裏市で取り巻きや野次馬を払いのけていたレゴシ。


最初の関門はドクトカゲたちで構成されたドク組。

ドク組に爪で傷をつけられると、「立派な毒牙があるのにお優しいですね」と挑発するレゴシ。


その挑発に乗ったドク組、トレードマークであるマスクを外します。

そんな中でも冷静に戦況分析を行うレゴシ。


裏市とはいえ種族の団結が強いおかげで、横槍が入ることはなさそうだと分析。


さらには「おじいちゃん思い出してやりにくい・・・」とまで思う始末。

唐突に「おじいちゃん」のゴーシャとの思い出が蘇る・・・。

幼少期のレゴシ、乳歯が抜けた時の思い出。


「永久歯に毒管が通わないといいが」と心配するゴーシャ。

乳歯は屋根の上に投げると丈夫な永久歯が生えてくる、というおまじないをレゴシにさせるゴーシャ。

もしも、レゴシに毒が遺伝して誰かを傷つけてしまう体になってしまったら?


母のように鱗が出てしまって、そのことに苦しんでレゴシまでいなくなってしまったら・・・

いろんな思いが祖父としてのゴーシャに駆け巡る・・・


思わず、小さなレゴシを力いっぱい抱きしめてしまうゴーシャ


子供のレゴシの頭くらいならすっぽり隠れてしまう、大きくて鱗に覆われた手で・・・。


神秘のかけ算その答えは?

獣の体の神秘。


戦闘中は特にその神秘と向かい合うことになる。まるで化学式を解くように・・・

挑発されたドク組のコモドオオトカゲが宙を舞い、レゴシに向かって急降下する!


そしてレゴシの肩に牙を立てる!


そこで起こる化学変化は・・・

コモドオオトカゲの毒×その血筋×爬虫類の再生能力×愛・・・

コモドオオトカゲの腕の中で、甘んじて毒を受けるレゴシが思うのはおじいちゃんの腕。

固い鱗に覆われた、抱きしめているのに殺しに来ているような腕を持つおじいちゃんが、おじいちゃんの腕が大好きだった。

そんなレゴシに、抜いたはずの牙が生えてきた・・・!


毒を注入している敵に向かって「おじいちゃん」とこぼすレゴシでした。


BEASTARS ビースターズ感想・まとめ

ゴーシャを軸に進むお話でしたね!ヤフヤとゴーシャ、レゴシとゴーシャ。

同じ獣なのにイメージや印象が違う。

相手によって印象が変わるのは、人間世界でも同じですよね。

自分は自分であっても、相手によって悪者だったり腐れ縁だったり大好きな誰かだったり。

しかしゴーシャが主人公になると、彼のすべてはレゴシだと改めて認識させられます。

激動の人生歩んできてますしね・・・そんな彼を憎みつつも、羨ましくて腹立たしく思っているのが旧友・ヤフヤなのでしょう。

レゴシはそんなおじいちゃんが大好きで、一度は疎遠になったけどちゃんと大切に思って尊敬もしている。


だからこそのかけ算の結果だったのでしょう。

新たに牙を再生したレゴシの勝負の行方は!?

ビースターズを無料で読む方法!

今回は、ビースターズの175話ネタバレを紹介しました!

が…

やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、すぐにお得に読めます!(#^^#)

ダイナミックな筆遣いから編み出されるヒューマンドラマ、そして動物それぞれの生態もわかっちゃう!

ぜひお手に取ってご覧ください!

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がずっと40%ポイント還元
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆


コメント

タイトルとURLをコピーしました