ビースターズ BEASTARS 173話 ネタバレ・感想☆

ビースターズ

2016年9月から週刊少年チャンピオンにて連載されている「BEASTARS」。

2018年に手塚賞、漫画大賞を受賞し、アニメ化もされた作品です。

舞台は、肉食獣と草食獣が共存する世界。獣人として描かれています。

全寮制の高校、チェリートン学園に通う
ごく普通のハイイロオオカミのオス・レゴシ。


ある日、レゴシが所属する演劇部で同級生のアルパカのオス・テム何者かに食殺される所から物語は始まります。

レゴシの不器用さや口数の少なさから食殺犯に疑われ、何とか疑惑は払拭できたものの
草食獣との関係はギスギスしていきます。

演劇部部長、裏市のヤクザの組長も経験した先輩、アカシカのオス・ルイとのいびつな友情を育んだり、本能的に襲いかけてしまったウサギのメス・ハルと不器用な恋を育んだりしながら、ちょっと普通ではない日常を送るレゴシ。


そして食殺犯とも決闘にて決着をつけます。

現在レゴシは学校を辞め、「コーポ伏獣」で一人暮らし。


ルイやハルもそれぞれ大学で生活していますが、新たな敵、ヒョウとガゼルのハーフ・メロンによって日常が乱されていく・・・

レゴシはメロンとの決闘を決意。


裏市で出会ったルイの旧友、キューに弟子入りし修行の真っ只中。

極限状態で過ごすレクスマス(人間界でのクリスマス)にハルが訪ねて来て!?

今回はそんな「BEASTARS」173話のネタバレを紹介します。

ネタバレの前に絵付きで楽しみたい方!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、今すぐ無料で読めますよ!(^^)

600円分のポイントがもらえる/

ビースターズ 前話までのあらすじ

レクスマスイブ。
浮足立っている世の中、どこか血生臭い雰囲気が漂う。

レゴシの隣人、ヒツジのセブンは取引先の肉食獣にパワハラのようなものを受け、寸での所で店員の言葉に助けられた。

「壮獣ビースター」ウマのヤフヤも厳戒態勢を敷いていた。


何かがおかしい、変わってきた世の中。どうにかしようと各方面で奮闘するものたち。

そんな中、むくれ顔でバスに乗るハル。彼女もどうにかしなきゃと思っていた。

それは、「十代最後のレクスマスを、レゴシとカップルとして過ごす」こと。

「レゴシに会いたい」という気持ちだけでずんずん街を闊歩するハル。


それなのにレゴシは「今すぐ逃げて」と追い返してしまう。

憤慨しながらアパートを離れるハル。


しかしレゴシは「獲物」と見てハルを追いかけて来た・・・!

匂いを追ってきてもらえるよう、わざとスカートを履いてきたハルの謀だったかもしれないけど、それは図らずもレゴシの最後の修行となった・・・。

ビースターズ 173話 ネタバレ

俺の栄養は君だけだ・・・

メロンとの決闘のため、最後の修行は「断食」。

本能と理性の間でメロンと決闘することを覚悟していたのに、予想以上に哺乳類、オオカミの体は丈夫にできていたことに苦しむレゴシ。

大昔の哺乳類はどの種類も冬眠を行っていたらしい、食べ物がなく草木は育たず水は凍っていたから、などと考えるレゴシ。


どうして獣は丈夫な体を持ちながら、食欲や愛を求めるのか・・・


体は飢えなくても心が冬の景色のように飢えている・・・

そこへハルがやってきた。追いかけている自分がいる。

五角形グラフにするなら五角形そのもの。


光が透ける白い毛、左右に揺れる耳、街を歩くと大きい側になることもある所・・・

すべてが愛おしくて感動して、興奮する・・・。

キモい・・・と極限状態でも思うレゴシ。


ハルといる限り、自分のキモさ、恐ろしさと向き合わなくてはいけないのか・・・


これはすべての人にも言えることかもしれませんね・・・

ハルの本音とレゴシの本能!?

公園の入口で歩を止めるハル。

「明日何の決闘があるの?


街の雰囲気がおかしいのもレゴシくん関係あるんでしょ?」

「自分は強いから死なないから決闘するの?また去年みたいに傷を増やすの?」

去年の傷というのは、食殺犯との決闘のこと。


ハルと関係が濃くなるにつれ、レゴシには生傷が増えていきます。


それが、小さなハルには怖くて心配でいたたまれないのです。

服を買う時オオカミサイズのも買うし、灰色の持ち物が増えてイヌ科のテレビはつい見てしまうし月を見れば思い出す。


小さな自分にできることはこれっぽっち。ハルの生活はレゴシでいっぱいなのに何もできない。

大きすぎる!遠すぎる!レゴシは接しにくい!手の施しようがない関係なの!!


泣きながら喚き散らすハル。不満というよりももどかしい気持ちが溢れるハル。

恋する乙女の苦しみ・・・。

「さすがに何か言ったら!?何考えてるの今!?」


泣きながら怒鳴るハル。そんなハルに、


レゴシ・・・。空気読めよ・・・。

以前にハルとキスしそうな雰囲気になったけどなし崩しになってしまったレゴシ。


ハルの思いもよそに「今はナチュラルにスッとキスしたい気持ち」と続けるレゴシ。

極限状態でも本能的な欲求が光るレゴシ。本能があまりにも少年臭いですが・・・

改めて恋人する2匹。そして不敵な笑み

キスしたい本能を聞いたハルはブチ切れ!

「私の熱い演説聞いてなかったの!?ブン殴るぞ!!」

レゴシは落ち着いてハルに本音を話してくれたことに感謝します。


そのままハルににじり寄るレゴシ・・・。

ハルがうるさくしてもキスしようとする体を止めないレゴシ。


でも経験がないのでどうすればいいかとかうるさくなるレゴシ。

「もーいいから静かに!」チュッ。

しかし目を閉じなかったレゴシにやり直しを命じるハル。

何だかんだ、きちんとファーストキスをこなしたレゴシとハルでした。

そして今日レゴシに会うよう背中を押してくれたのはルイだと話すハル。


すると、妙な雰囲気でルイに昨日会ったと話すレゴシ。

「ルイさんは・・・全力で応援してくれたよ。明日頑張れって」

とある会場ではルイが行方不明だと大騒ぎ。


そしてレゴシの部屋に置いてある謎の液体の入った袋・・・。

不敵な笑みのレゴシ。決戦前に一波乱あるのか・・・!?

ビースターズ 173 話感想・まとめ

レゴシの修行からハルへの気持ちへの移り変わりが見事でしたね!

それにしても、レゴシが今時の若者らしく描かれているのにリアルさを感じますね。


何事にも干渉しなさそうなのに、わざと自分に試練を課して何かを変えてしまう所が、作者の板垣先生の描く「若さ」なのかもしれませんね。

そしてレゴシのウブさと、ハルのしっかりさの差がすごい・・・!


ハルはウサギということもあり百戦錬磨の経験者。結局リードしているのはハルでしたねw

そして袋の謎とルイは?次回も目が離せない!

ビースターズを無料で読む方法!

今回は、「BEASTARS」の173話ネタバレを紹介しました!

が…

やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、すぐにお得に読めます!(#^^#)

レゴシのウブで純粋すぎる性格や、リアルで生々しい心情の変化、それに見合った力強い筆遣いは、漫画でしか味わえません!

ぜひお手に取ってご覧ください!

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がずっと40%ポイント還元
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました