BUNGO(ブンゴ)227話 ネタバレ・感想☆決勝戦・開始!!

BUNGO

たった一人で壁に向かって球を投げ続けていた主人公・文吾。

同年代の天才バッター・野田幸雄と出会い始めて打者に対して球を投げた文吾は、野田にホームランを打たれてしまいます。

しかし、打者に対して投げる楽しさを知ります。

そして中学に上がると、二人はそこで再び邂逅し、静央シニアへ入団し共にチームメイトとして成長していきます。

野田を倒す事だけにしか興味を持たなかった文吾。

他のメンバー達の野球に懸ける思いや、野田の覚悟を知り、文吾もエースになる覚悟を決め突き進んでいく青春野球漫画。

「BUNGO(ブンゴ)」。

今回はBUNGO(ブンゴ)227話の最新ネタバレ情報をお届けします。

この記事では227話ネタバレと、BUNGO(ブンゴ)を無料で読む方法を紹介します!

もしネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTならすぐに無料で読めますよ!

最新話を読むことはできませんが、最新刊は無料で読めるのでオススメです!

600円分のポイントがもらえる/

BUNGO(ブンゴ) これまでのあらすじ

野田がシニア全米選手権で静央を留守にしている頃、文吾は袴田と米村と共に新型ストレートの開発に取り組んでいました。

投手を全力でバックアップする袴田を見て尊敬する米村でした。

その頃、シニア全米選手権では最終回にマイケル・ウィリアムソンがマウンドに立っていました。

その姿を見て驚く日本代表の選手達。

ウィリアムソンは、良いフォームとは言えないながらも常時140kmを超える球を投げ込みます。

そして、2アウトになり最後の打者が打席に立ったとき、マウンドから日本代表の選手達に声をかけます。

「明日は僕が投げて打って、アメリカを勝利に導く」と日本に対する戦線布告をしました。

BUNGO(ブンゴ)227話 ネタバレ

決勝に備えて

アメリカが決勝進出を決め、試合を見終わった日本代表選手達は帰りに身体を動かしたいと監督に相談します。

しかし、気持ちはわかると思いつつも、急にグラウンドを貸してくれるところがあるかな、と少し困る監督。

その時、その件私に協力させてください、とL・Aファルコンズスカウトの成田が話しかけてきました。

そして、1時間程度なら自由に使えると、公園内にあるグラウンドに案内された日本代表の選手達。

1時間しかない、と急いで準備をしバッティングの練習を始めます。

通常の距離よりも3mくらい前から投げ、ウィリアムソンの速球対策をしていました。

そんな中、野田はバッティング練習には参加せず、ランニングをしてきていいかと監督に尋ねます。

成田は、「君は対策しなくてしなくても大丈夫なのかな?150キロの」と声をかけました。


多分・・・普段もっと凄いのを見てますから

BUNGO(‘ブンゴ)227話より

その言葉を聞いた成田は、文吾のことかと感じます。

野田のこの言葉は文吾を相当認めていると感じてなんか嬉しいですね(^^)

危険な男

野田は公園内の道を走りながら、ウィリアムソンについて考えていました。

身長190以上の恵まれた体格、効率の悪い投げ方・打ち方であの速球・あの打球。

身体能力を野球の技術に出力させるのもまた才能だ、と考える野田。

すると、突然野田の名前を呼ぶ声がしました。

声の主はなんとマイケル・ウィリアムソンでした。

英語で野田の大ファンなんだと話し、握手するウィリアムソンに、英語が理解できず戸惑う野田。

君の技術は素晴らしい、特に打撃が!と賞賛するウィリアムソン。

ニュアンスで、なんとなく褒めてるのか?と感じた野田はサンキューと返します。

すると、僕のスイングを見てくれと言うウィリアムソン。

流し打ちが苦手で、君はどう打ってるのかと尋ねるウィリアムソンに、敵に教えるわけが無いと言い野田は去ろうとしました。

ですが、そんなことはお構いなしにバットを振り、こう?こう?と聞くウィリアムソン。

それを見て、つい野田はアドバイスしてしまいます。


ボールの外側をぶっ飛ばす感じで振ってみ?

BUNGO(ブンゴ)227話より

野田のアドバイスを聞いて、こう?とバットを振ったウィリアムソン。

そのスイングを見た瞬間、野田の表情が凍り付きました。

バットを振ったウィリアムソンは、めっちゃいい感じ!と驚きました。

そして、もっと教えてくれと嬉しそうに話すウィリアムソン。

ですが、ウィリアムソンに対し、”コイツ・・・危険だ”と感じた野田は、終わりだ・・・!と話を止めました。

そして、アドバイスのお返しになるか分らないけどと前置きし、野田に助言をするウィリアムソン。


もっと野球を楽しめよ!ユキオ!

BUNGO(ブンゴ)227話より

グラウンドでの野田の表情が暗いと見ていたウィリアムソンは、野球が上手いのにもったいないと言いました。

そして、去って行くウィリアムソンの背中を見つめる野田でした。

ついに開戦

ついに、リトルシニア全日本選手権の決勝戦が始まります。

試合が開始され、大歓声が沸き起こるスタジアム。

先頭バッターは二塁手、背番号4番の杉浦です。

準決勝のアメリカ対キューバの試合とは変わって、初回からマウンドに上がるウィリアムソン。

そして、第1球、一瞬でボールがミットに収まり、杉浦はバットを振ることが出来ませんでした。

そして、バックスクリーンに映った球速は、95MPH(152.8km/h)でした・・・。

この球速、彼らがまだ中学生だということを忘れてしまいそうですね・・・(^_^;)

BUNGO(ブンゴ)227話 まとめ

今回は、ついに決勝戦が開始されました!

3mも前から球を投げ、ウィリアムソン対策をする日本代表のメンバー達。

野田は一人でランニングをしていましたが、まさかのウィリアムソン登場に驚きました(^^;)

野球をしているときの野田の表情が暗いと言うウィリアムソンでしたが、確かにそんな気がします。

そして、決勝では初回からウィリアムソンがマウンドに立ち、いきなり最速を出しました。

ウィリアムソン対策が決まるのか!?

それとも、ウィリアムソンが日本打線を抑えるのか!?

今後の展開からも目が離せません!

BUNGO(ブンゴ)を無料で読む方法!

今回は、BUNGO(ブンゴ)227話ネタバレを紹介しました!

が…

やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、すぐに無料で読めます!(#^^#)

最新話を読むことはできませんが、最新刊は読めるのでオススメです!☆

今回の話では、野田からのアドバイスを受けたあとのウィリアムソンのスイングがとてもカッコよかったです!

ですが、やはり文章だけでは伝わり難い事もあるので、絵を見てこそ迫力であったり臨場感などを最大限に楽しめると思います。

冊子でも電子本でも、皆さんには絵を見て楽しんでいただけたらと思うので、是非お手に取ってご覧になってください。

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がずっと40%ポイント還元
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました