ブルーロック 81話(最新話) ネタバレ・感想☆最終行動!!

ブルーロック

 

ブルーロック 前回のあらすじ

念のため両軍のメンバーを改めて紹介します!

REDチーム(糸師、蟻生、時光、蜂楽)・WHITEチーム(潔、凪、馬狼、千切)のそれぞれ4対4のミニゲーム形式で行う。

 試合も終盤に差し掛かり千切に疲労が目立つようになる。

 いや、周りを見渡してみれば千切だけではなく、両チームともスタミナの消耗が激しくなっている。

 こんな時こそ試合が動く。


 しかし、試合も終盤に関わらずただ一人スタミナ十分の選手がいた時光だ


 糸師は、フィジカルモンスターに加えスタミナも無尽蔵にある時光を使い、中央突破を図る。

 対する潔達WHITEチームはたまらずファールを犯してしまう。


 フリーキックのチャンスを得た糸師達REDチームは、見事に潔の頭上を越え直接フリーキックを叩き込み4-3のリードを奪う。


 5点先取で勝ち抜けのこの試合、絶対絶命のWHITEチーム反撃なるか!?

この記事では『ブルーロック』81話のネタバレを方法を紹介します!

ネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTなら無料で読めますよ!(#^^#)

週刊少年マガジンで最新話がご覧いただけます☆

600円分のポイントがもらえる/

合わせて読みたい

ブルーロック 81話 ネタバレ

・糸師のフリーキック炸裂、4-3の絶対絶命のピンチ

 糸師のフリーキックを決められた直後、潔達はプレイを振り返る。

馬狼はジャンプすればフリーキックに届き、ヘッドで跳ね返すことができたと罵る!

が、潔は糸師は馬狼ではなく背の低い自分だから頭上を越えるフリーキックを狙ったと分析する。

 問題は、なぜファールを犯してしまったのか?を振り返る。

 フィールド全体がスタミナの消耗が激しいので、試合が動き出すことまでは読み切れた。

 糸師はスタミナ十分の時光を使っての中央突破を仕掛けたことに、WHITEチームが後手に回ったのが問題だ。

 そんな糸師の先を読む力に脱帽するだけで、いまだ有効な手が打てないのだ。

・潔に突然勝利の方程式が浮かび上がる

 考え込む潔だが、糸師のフリーキックのピンチの場面を思い返すと、壁が潔だったから頭上を抜くフリーキックを選択した。

 もし壁に馬狼が入ったのなら、おそらく別の攻撃を選択しただろうと分析し始めるのだった

 突然、潔の中にジグソーパズルのピースがはまるように、勝利の方程式が浮かんできた。

 自分の行動を変化させることで、先読みできる糸師の読みを外す可能性に気がついたのだ。

・WHITEチームの反撃

 WHITEチームのキックオフで試合再開、得点は4-3で1点ビハインド、反撃なるか。


 ① キックオフは凪から潔へ、馬狼が裏に抜け出ようとするが、時光のマークで振り切れない。


 ② 潔は馬狼をおとりにして左サイドを単独突破するも蜂楽がカバーする。


 ③ 凪が潔をフォローしワンツーで蜂楽をかわすことを提案(アイコンタクト)する。

   しかし、潔はこの後に糸師が待ち構えていることを察知する


 ①~③の流れで、両軍合わせ左サイドに6人が集まった形となる。


 ④ 潔は右サイドの千切を走らせるべくサイドチェンジ、蟻生がマッチアップしているが、何とか俊足を生かし千切がボールを収める


 ⑤ 潔が右サイドに展開後、敵味方入り乱れてゴール前に殺到する。


 ⑥ ゴール前に敵味方が殺到する中、潔が一瞬早くニアサイドにフリーで抜け出し、それを察知した千切が潔にパスを折り返す。

 ⑦ 完全にフリーとなり、直撃蹴弾(ダイレクト・シュート)を武器に持つ潔にとって絶好のパスとなります。

 ①から⑦までの流れを経て、千切から潔へのラストパスは、同点ゴールなるか!

 と行きたいところですが、やはり糸師が現れ、シュートブロックが可能な間合いで追いつきます。

・真の最終行動とは

 ここで、シュートブロックされたら万事休すとなり、焦る潔。と見せかけて、実はそれも読んでおりました。


 このままダイレクトシュートを打てば、糸師にギリギリブロックされてしまいます。


 逆をいえば、糸師はシュートブロックしないと止めることはできないのです。


 糸師がシュートブロックしてきたところをギリギリで潔は足を止め、背面踵蹴弾(バックヒールショット)で同点ゴールを決めました。

 この瞬間、潔が糸師の読みをさらに上回り、見事に糸師を「喰う」ことができたのです。


 試合は、4-4の同点で、次に得点をした方が勝利となります。

ブルーロック 81話 感想・まとめ

 見どころは、ゲームプランを読む天才糸師を上回る読みを見せるべく覚醒した潔でしたが、この展開になると私もついていけなくなることがあります。

 キックオフ後の、左サイドの攻防⇒千切へのサイドチェンジ⇒ゴール前の展開が流れも、

 全体を俯瞰して見せる絵があるからこそ理解できたので、派手なマッチアップの合間に、選手の配置を見せるコマがとても大事でした。

 4-3からの反撃のシーンは潔のプラン通りの展開でしたが、糸師はどこまで読めていたのでしょうか?

 一点リードのREDはとにかく守り切ればよく、あわよくばカウンターで1点取れればよい。

 キーパーは機械がやっておりますが、ザルとしか言いようがない。

 きれいにカウンターが決まったら、100%ゴールで5点先取のルールによりREDの勝ちです。

 左サイドを駆け上がり、潔と蜂楽とのマッチアップまでは完璧に読んでおりました。

 潔が蜂楽をかわしたとしても普通に糸師がケアするので、千切へのサイドチェンジも間違いなく読んでます

 さらに言えば、サイドチェンジを蟻生が奪ったとしたら、普通にカウンターでジエンドです。

 REDは、守り切ればよい展開なので別に攻撃参加しなくてもよいですね

 ゴール前の密集を潔が先に抜け出た場面はどうなのか?

 これも今作のハイライトですが、糸師は最後のシュートブロックさえできればよいのです。

 一瞬置き去りにされても何も問題がなかったのです。

 いつもならで普通にダイレクトシュートを撃って跳ね返されちゃう展開です。

 しかし、今回はシュートフェイントで見事に糸師の読みを上回りました。

 今回も全体を通してみれば、ほとんど糸師のプラン通りなのです。

 しかし、潔はここまで糸師のプラン通りに進むことを前提にプレイし、最後の最後で糸師のプランを上回ったのでした。

ブルーロック 81話 次回展開予想 見どころ

 4-4となり、先に点を取った方が勝ちとなります。キックオフは糸師たちREDチームボールでスタートします。

 同点に追いついたとしてもWHITEチームの不利は変わりありません。

 ほとんどのプレイヤーが疲労困憊である中、無尽蔵のスタミナを持つ時光はまだまだ動けます。

 マッチアップしている馬狼は普通にプレイしては押さえられちゃいます。

 問題の糸師ですが、守備面では潔に読みで上回れたものの、攻撃面では糸師の読みが冴えわたり止めるすべがありません。

 このまま、REDが勝利し誰かひとりを奪って2次選考を勝ち抜くのか?

 REDの勝利を阻止するには、潔が守備でどのような読みを見せるのか?

 覚醒後のゲーム展開がポイントとなってきます。

ブルーロックを無料で読む方法!

今回は、この記事では『ブルーロック』81話のネタバレを紹介しました!

が…

やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、すぐにお得に読めます!(#^^#)

週刊少年マガジンで最新話がご覧いただけます☆

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がずっと40%ポイント還元
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆

合わせて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました