ハイキュー(390話)ネタバレ・感想☆最強の挑戦者☆☆彡・2

ハイキュー

ハイキューはバレーを通じて登場人物たちが成長していく話です。

主人公日向と相棒の影山は見事に対照的です。

日向はバレーボールには不向きな小柄な体格です。しかし、驚異的な身体能力をもっています。

一方影山は、天才的な技術を持っていますが、性格に難があります。

他にも個性的な選手がいっぱいいます。

こんな選手たちが力を合わせて一つのチームに成長していくのが魅力だと思います。

この記事では390話ネタバレを紹介します!

もしネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTならすぐに無料で読めますよ!

最新話をむことはできませんが、最新刊は無料で読めるのでオススメです!

600円分のポイントがもらえる/

合わせて読みたい

 

ハイキュー 前回のあらすじ

前回は、主に影山の成長が描かれていました。

影山の連続得点でジャッカルはアトラーズにどんどん引き離されていました。

影山は、烏野での経験によりスパイカーを気遣わずとも、スパイカーは常に最高のトスを待っていると気づき、サーブだけでなくトス技術でもチーム貢献していました。

まさにコートの王様復活でした。

しかし、中学の時と違うのは、チ-ムメイトとの信頼関係が築かれているところです。

次は気になる390話について見ていきます。

ハイキュー 389話 ネタバレ

宮侑の視線

影山の連続得点サーブで流れに乗ったアトラーズが21対25とジャッカルを突き放したまま第2セットを奪いました。

影山は、得意満面にネット越しの日向を見下ろしてました。

そして日向は影山を見上げながら、「王様倒す、王様倒す」と思っていました。

それから、日向の後ろから宮が、影山に視線をおくっていました。

わたしは、この宮侑の視線は、影山への対抗心そして、やり返したるという気持ちの現れだと思いました。(^^)

この後の宮侑の活躍が楽しみです。(^^)

第三セット開始

第三セットも影山のサーブで始まります。

日向がなんとか影山のサーブを上げます。

前回からそうでしたが、影山のサーブをよく日向が上げています。

個人的には、日向が影山に対抗しているように見えて好きです。(^^)

日向が拾ったボールを明暗に上げる宮侑ですが昼神がブロックに出てきていることに気付きます。

しかし、ボールは離れていたためどうすることもできず、スパイクはブロックされてしまいました。

ブロックされて「はしゃいでもうた」と悔しがっている宮侑の姿は個人的におもしろかったです。

2回目の影山のサーブは、ノータッチエースでした。

3回目の影山のサーブは、犬飼が拾いました。

今日は、速攻が多いとばれていましたが、宮侑は速攻で勝負しました。

今度は、明暗がしっかり決めました。

次はジャッカルの攻撃、宮侑のサーブです。

宮侑の覚醒

宮侑のサーブ。
澤村は、宮侑が6歩歩く様子を見て春高を思い出しました。
そして、次のサーブがスパイクサーブだと確信しました。

 宮侑の強烈なスパイクサーブを乱れながらロメロが上げ、牛島がアタックします。
それに犬鳴が反応し、宮侑のトスに注目が集まります。
背中で「まだ真ん中居った方がええで」と語り相手に真ん中から来ると思わしました。
しかし、真ん中を使わず、使ったのはレフトの木兎でした。

スパイクが見事決まり、宮侑と影山の間に閃光が走りました。

解説者はモンスタージェネレーションの二大セッターがブロックを振り回すと煽っていました。

2回目の宮侑のサーブは、今回は4歩歩いたので田中は、ジャンプフローターサーブが来ると確信しました。

星野正面に飛んでいきますが、とることができず、サービスエースになりました。

続く3回目のサーブも4回歩いたので、山口はジャンプフローターサーブが続くと考えていました。

しかし、ジャンプフローターサーブの動きから強打を放ちました。

ボールは、ロメオのところに飛んでいきますが、とることができず宮侑は連続サービスエースをとります。

これまでのスパイクサーブ、ジャンプフローターサーブに加え、超ハイブリッドサーブが生まれて、宮侑は二刀流が三等流になりました。

宮侑の覚醒は、個人的には興奮しました。(^^)

ハイキュー(390話)まとめ

前話389話を読んだときは、今回390話は影山と日向が中心に描かれると思っていましたが、今回の主役宮侑でした。

タイトルの最強の挑戦者・2は宮侑だったのかなと思います。

前回の「最強の挑戦者」は、コミック31巻に収録の稲荷崎戦でした。

このエピソードでは烏野が稲荷崎に対して最強の挑戦者って意味だったのかなと思います。

今回は、立場が逆転したのかなと感じました。

宮が影山に挑む感じなのかなと思いました。

また、真剣な時の宮侑はかっこいいですし、侑の活躍を嬉しそうに見守る治の表情もいいなと感じました。

宮侑の覚醒、サーブが進化するとは、熱い展開でした。

3種類のサーブを使い分けられたら厳しくなると思います。

アトラーズでもレシーブが得意な星海とロメオがとれないぐらいですからかなりやばいと思います。

宮侑これからもまだまだ活躍していくと思います。

影山は、日向だけでなく、宮侑がライバルに増えて大変ですね。

次回、宮侑のサーブをアトラーズがどう止めるのか、そして次は誰の活躍が描かれるか楽しみなところです。

個人的には、木兎の活躍があまり見れていないので、大活躍が見れたらすごくうれしいなと思います。

次回も楽しみです。

今回は、ハイキュー390話のネタバレ、感想を書きました。

次回も楽しみです。

閲覧ありがとうございました。

ハイキューを無料で読む方法!

今回は、ハイキュー390話ネタバレを紹介しました!

が…

やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、すぐに無料で読めます!(#^^#)

最新話を読むことはできませんが、最新刊は読めるのでオススメです!☆

 

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がずっと40%ポイント還元
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆

合わせて読みたい

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました