ブルーピリオド 1巻 ネタバレ・感想!美術の世界に心が動き出す

アフタヌーン

うわあ。。。やべえ。。。すげえ。。。
新しい世界に触れた時、心臓がバクバク動く。
そんな瞬間があなたにもありましたか?

漫画『ブルーピリオド』は、いつもの生活に虚しさを感じていた主人公・矢口八虎(やぐち やとら)が美術の世界に触れ、日本最難関の美大、東京藝術大学を目指す物語です。

今回はマンガ大賞2020の大賞にも輝いた漫画『ブルーピリオド』をご紹介します。

1巻のネタバレもありますのでご注意ください(‘ω’)ノ

600円分のポイントがもらえる/

合わせて読みたい

ブルーピリオド 作品情報

  • タイトル  ブルーピリオド
  • ジャンル  美術漫画
  • 作者    山口つばさ
  • 出版社   講談社
  • 掲載誌   月刊アフタヌーン
  • レーベル  アフタヌーンKC
  • 発表号   2017年8月号 –
  • 巻数    既刊7巻(2020年3月23日現在)

ブルーピリオドは月刊アフタヌーンで連載中の漫画です。

現在7巻まで発売されています。

マンガ大賞2019では3位、マンガ大賞2020では大賞となりました。

作者の山口つばささんは女性で、いつもカエル姿で登場しています。

山口さんは美術大学出身。

美大に入って1年生の時、何を描いたら良いか分からなくなってしまい、自分が好きだったものの原点に戻ろうと思いマンガを描き始めたそうです。

作中に登場するデッサンや作品には実際に藝大に合格した人から借りたものもあるそうですよ。

ブルーピリオド 1巻 ネタバレ!

ここからは『ブルーピリオド』1巻ネタバレを紹介します。

スクールカースト上位の男子が主人公

主人公の矢口八虎(やぐち やとら)は高校2年生。

同級生と朝までバカ騒ぎするけど、学校の成績はいつも上位。
いわゆるスクールカースト上位で、みんながうらやむ人気者の男子です。

しかし八虎は、人好き合いも勉強もノルマをクリアするような、手ごたえの無い毎日を過ごしていました。

俺にとって価値のあるものって?

そんな時、選択授業の美術で「私のすきな風景」という課題が出されます。
美術顧問の佐伯先生は主人公・矢口八虎にこんな言葉を投げかけました。

「私はね、世間的な価値じゃなくて君にとって価値のあるものを知りたいんです」

今まで人の喜ぶこと、人の喜ぶ進路を選ぼうとしていた八虎。
八虎にとって佐伯先生の言葉はトゲのように刺さりました。

八虎は、美術部の森先輩の絵を見つけます。
女性が青と緑で書かれていて、八虎は見たことの無い表現に感動します。
森先輩は、八虎にこんな言葉を告げました。

「あなたが青くみえるなら、リンゴもうさぎの体も青くていいんだよ」

俺の感動は何だ? 俺にとって価値のあるものって?
八虎は考えていました。

矢口八虎は青い渋谷を描く

そこで八虎は、同級生とバカ騒ぎした渋谷の朝を”青色”で表現します。

誰かの価値観でなく、八虎自身が感じた表現”青い渋谷”
眠い空気の中の、少し眩しいような、でも静かな青い世界。

最初は周りから驚かれましたが、「なんとなくわかる!」と褒められた時、八虎の目から涙がこぼれました。

美術の授業も終わり、進路調査のプリントが配られます。
「今さら 絵の道選べるほど/バカじゃねえんだよな」と自分に言い聞かせる八虎でした。
そんな時、美術部の鮎川龍二に声をかけられます。

ここで1巻は終了です。
この後八虎は美術大学受験を意識していき、八虎のブルーピリオド”青の時代”が始まります。

価値観からの解放と沸き起こる表現を認められた嬉しさ

あなたは小学校の時、自画像で顔を肌色でぬった経験はありますか?

でもそれはあなたが感じている表現でしょうか?

もしかして先生が肌色でぬろうと言ったから、みんなが肌色でぬっているから、そのような理由で描いていたかもしれません。

でもあなたが感じていた色は違っていたかもしれません。

これまで人が喜ぶような言葉、人が褒めるような行動をしてきた八虎は、生まれて初めて自分が感じる”青い渋谷”を表現し、それが人に認められました。

この時八虎は、「初めてちゃんと人と”会話”できた」と感じました。

これまで感じていた価値観からの解放と、自分から沸き起こる表現を認められた嬉しさが伝わり、読んでいる私も心を動かされました。

美術という新しい世界に触れ、心臓がバクバク動いている八虎がそこにいました。
そんな八虎がうらやましく見えます。

「私も何か始めたい!」「私も何かやりたい!」(*^▽^*)

この漫画を読むと、自分の中から熱いエネルギーが生まれてくるかもしれません。

ブルーピリオド Twitterの反応

1巻からとても面白いと評判のようです!

これから先が楽しみで仕方ありません!!(≧▽≦)

ブルーピリオド 1巻 ネタバレ まとめ

主人公・矢口八虎が新しい世界に触れた時、心臓がバクバク動く様子は読んでいる私たちの心も動かされること間違いなしです。

これまで美術漫画だと”美術はちょっと変わった世界”として扱われていたと思います。

しかし『ブルーピリオド』はどこにでもいそうな高校生男子が、努力で美大を目指していく姿が描かれているので、これまで美術に触れたことがない読者でも読みやすいと思います。

これからの八虎の活躍が楽しみですね。

ブルーピリオドをU-NEXTで楽しもう!

そんな漫画『ブルーピリオド』が、U-NEXTなら無料トライアルで見ることができます(≧▽≦)

U-NEXTの初回特典として、登録後31日間は無料で見放題!(対象:見放題動画・読み放題雑誌)600ポイントプレゼント!(対象:新作・コミック・書籍)がついています!

 

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がずっと40%ポイント還元
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆

合わせて読みたい

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました