ドクターストーン千空の声優小林裕介について詳しく調べてました!

「Dr.STONE」(ドクターストーン)とは、週刊少年ジャンプに連載中の漫画で、原作:稲垣理一郎、作画:Boichiの作品です。
謎の怪奇現象により地球上の全人類が一斉に石化してしまったのですが、3700年後に石化から解けた科学オタクの主人公・石神千空(いしがみせんくう)による全人類の石化解呪を目指す物語です。
石神千空とは「唆(そそ)るぜ、これは」「100億パーセント」が口癖の、科学に関する莫大な知識を持っている16歳の少年。
3700年という月日が何故わかったかというと、なんと千空は石になっている間もずっと時間を数えていたのです。
1173億5489万3870秒。約3700年です。
何故かというと、復活したときに冬だと食糧不足によって死んでしまうため、春スタートを絶対条件として考えていたからです。
時間を数えることで、ずっと脳みそはエネルギーを消費していました。そのエネルギーは石の何かを消費することによって得られていたようです。そのため、千空だけが石化から解けることができたのでした。
たった一人、石化から解けた後も自らの知識を生かして、石を叩いて選別し、一番固い石で石器を作り、その石器を使って簡易的な拠点(家)を作り上げました。

科学に没頭する冷静沈着な少年かと思いきや、とてつもない情熱的な少年だったことに驚きました!
「分からないことにルールを探す、その地道な努力を科学と呼んでいる」と千空は言っているのですが、本当にそうで、何もない世界でゼロから色んな実験をし、一つ一つを着実に進めています。
偶然も重なって、石化から解く薬まで作製することに成功しました。
まだ、なぜ人類が石化したのかは明らかにされていませんが、それさえも千空の知恵で解明していくんだろうなと思うとワクワクしてしまいます^^

見出し
①千空役の声優:小林裕介とは?
週刊少年ジャンプにて大好評連載中のドクターストーンが2019年7月よりアニメ放送が開始しました。
その主人公である石神千空の声優を務めるのは小林裕介です。
ゆーりんプロに所属しており、「胡蝶綺-若き信長-」の織田信長役や「賢者の孫」のシン・ウォルフォード役など主人公役を多くこなす人気声優です。
1985年3月25日生まれのB型で東京都出身。
高校時代に自転車で通学していたときにアニメのセリフを叫びながら走っていた話を友人にしたところ、声優になることを勧められたことをきっかけに声優を志望しましたが、親に猛反対され大学進学の道へ。そのまま流される形で一般企業に就職。1年ほど経ったところで同じことの繰り返しの毎日に飽きてしまい、アミューズメントメディア総合学院の声優専科コースへ働きながら通いました。その後ゆーりんプロのオーディションに合格しました。

子供のころから声優になりたかったわけではなく、友人に勧められて声優という職業に興味を持ったというのは珍しいように思います。
私の勝手な印象ですが、声優さんというのは幼いころから声優を志望してそれに向かって努力しているイメージでした。
といっても小林裕介さんが適当に専門学校へ通っていたわけではなく、真面目に取り組んでいたことは働きながら通っていたということからも分かります。
だからこそオーディションにも通って、いまの人気声優の道があるのでしょう^^

②座右の銘は「あきらめない!」
あるアニメのオーディションを受けて最終まで残ったものの、結果は不合格となったことがありました。
合格となったのは小林裕介に声が良く似ていると言われたことのある人。この人がいる限り自分はダメなんかじゃないと思い、やる気にならなかったそうです。
ですが、ふと見たアニメでその人が出ているのを見て、今の自分じゃ勝てないと思うほど上手かったとのことです。これまで抱えていた悔しさがストンと落ち、ガムシャラに頑張ることを決意したそうです。
それからは事務所の舞台はもちろん、外部の舞台やワークショップなど毎日何かしらにチャレンジするようになりました。

ライバルのことをきちんと認めたうえで、自分に足りないものは何か?どうすれば上にいけるのか?を考え、行動できる人はとても素晴らしいと思います!
なかには、アイツがいるから自分はどうせダメなんだとひねくれた考えを持つ人もいますが、小林裕介さんはそれを糧にしてガムシャラに頑張ったとのことです。
そういう行動ができる人ってなかなかいないと思いませんか?

③千空と小林裕介の共通点!?
千空も決してあきらめることはしません。
3700年も人類がいない世界で、科学はすべて廃れてしまった。そんな原始時代にも似た環境で、千空の知識と科学の力でゼロから文明を作り上げようとしています。
ストーンワールドで生存している小さな村を見つけ、薬もないこの時代に肺炎にかかっている少女を助けるため、何もないところから万能薬=サルファ剤を製作することに成功しました。
全て順調にうまくいくわけではなく、砂鉄を取り、製鉄することから始め、仲間たちと協力しながら地道に一つずつ積み重ねることで成功に繋げてきたのです。

科学も医療もない世界で、万能薬を作ろうという発想がありえません!
そしてそれを実際に行動し、失敗してもやり方を変えて、何度も何度も実験し、成功するまでに至るのは、本当にすごいの一言です。
あきらめないことこそが次に繋がっていくんですね。

まとめ

千空も小林裕介さんも、心の奥にはとても熱い気持ちを持った人だということが分かりました。
小林裕介さんについては今回の記事で初めて知ることになりましたが、声優を目指したキッカケからして、興味を抱かずにいられないですよね(笑)
声優さんはキャラクターによって演技が全然違うので、他作品にも目を通してみたいと思いました。
ドクターストーンもとても面白い作品なので、知らなかった人はぜひ見てみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました