【ネットオフが運営するサービス「タダ本」が話題沸騰!月額500円で本が50冊無料に!?】

未分類


リネットジャパン株式会社が運営する、本やゲームなどの中古販売ショップ「ネットオフ」。「タダ本」というサービスが月額500円で110円以下の中古本が月50冊まで無料で買えるということで話題になっています。
2019年12月2日に「タダ本」サービスをリリースしたところ、開始わずか9時間で会員数上限を突破。現在では新規会員募集を停止しています。

まず月額500円かかるということで完全な「タダ」ではないにしろ、500円で50冊分の本が手に入るのはお買い得ですね!注意点としては、本自体は無料ですが、別途送料が掛かるとのこと。ですがそれも「3・6・9点で送料無料」というサービスがあり、買う商品が1000円以上でそれぞれ3点・6点・9点だと送料無料で配達してくれるそうなので、お目当ての品がその点数ならそのときに買えるとお買い得ですね!
また、3000円以上で送料無料なので、タダ本以外の本やゲームを一緒に買えばそこでも送料無料にすることは可能みたいです^^

【タダ本とは?】
「タダ本スタンダードプラン」では月額500円で110円以下の本が50冊まで無料で買えるサービスで、他にもお試しの「タダ本ライト」というサービスがあります。こちらは月額250円で110円以下の本が15冊まで無料のサービスです。
プランは変更することが出来、いつでも解約可能です。
「ワンピース」「進撃の巨人」「HUNTER×HUNTER」といった有名少年コミックから10万点以上の商品があり、内容は毎日更新されています。
現在では新規会員の募集は停止していますが、再開されたらお知らせがくるメール会員を募集していますので、興味のある方は登録しておくといいのではないでしょうか?
それ以外にも、メール会員には割引クーポンの配布などもありますので、現会員であってもお得な内容になっているようです。

110円以下の本ならどれでも、タダ本のサービスの本数分、実質無料同然で手に入れることができるそうです。
私は会員ではないので実際のサービス内容までは分かりませんが、ビッグタイトルまでラインナップにあるんだったらとてもお得ですね!
しかもその内容は毎日更新されるとか。世の中売りっぱなしなことも多い中、マメに更新されるならお目当ての品が出るまで毎日覗くのもアリかもしれません!
中古本で110円以下となると最新の本はないかもしれませんが、ちょっと古い本なら手に入りそうですよね^^

【ネットオフ?ブックオフ?】
中古本販売で有名なブックオフ。名前は似ていますが関係はありません。
ですが、ネットオフを運営しているリネットジャパン株式会社がブックオフコーポレーションの起業家支援制度を利用して起業したのが始まりです。
そのため当初はイーブックオフとして運営していましたが、独立しリネットジャパンに変更し資本関係はなくなりました。
現在もブックオフは約500万点の品揃え、ネットオフは約100万点と規模は違うものの、ネットオフは「1年間で最も多く中古本を売り上げた」ギネス認定世界一を有しています。

ネットオフのロゴはブックオフのロゴによく似ているなーと思ったら、そんな経緯があったんですね・・・!
ブックオフコーポレーションの起業家支援制度といったものも、初めて知りました。
そして独立までできるなんて・・・これは起業する人にとってはとても有効な制度ですね!

【リネットジャパン株式会社とは?】
愛知県名古屋市に本社を構える、ネットオフ事業によるインターネットリユース事業やReNet.jpブランドにて小型家電リサイクル事業などを運営する会社。
企業理念にビジネスを通じて偉大な作品を創ると掲げており、利益だけを追求する会社ではなく、事業自体が作品として事業に残るようにと、事業を行うことで社会貢献につながるような姿を目指しているとのこと。

リサイクル事業っていわゆる中間搾取をしているだけかと思いきや、リネットジャパン株式会社は高い理想を掲げて運営しているんですねー
むしろ、そういった理想を掲げて運営しているからこそ成功して今も会社を続けていけるのかもしれませんね。
毎年起業家は何人も会社を立ち上げるけれど、10年以上運営できる会社はその何割とも言われていますから・・・
やはり、社長と言われる人の志はすごく高いものですね。

【まとめ・感想】
初めにタダ本というサービスを聞いたときはタダじゃないじゃん、売れない中古本の在庫整理?と思ったけれど、とんでもない!誰もが知っている有名な本からあることに驚きました。
とはいえ、送料が掛かってしまうため送料無料にするためには他の本を買わなければいけないので商売上手だなーと思いました。
さすが中古本販売のギネスを持っている会社ですね(笑)
興味のある人は公式サイトを覗いてみると面白いと思います^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました